WORKS

修理実績

これまでに行った修理についてご紹介します。

Switch Liteのオレンジスクリーン修理費用12800円!画面がオレンジ一色になり操作不可もデータそのまま回復!

画面全体がオレンジ一色になる

「オレンジスクリーン」の修理ご依頼を頂きました!

オレンジスクリーンになったSwitch Lite

一般的には真っ青になるブルースクリーンが有名です。

 

ブルースクリーンと同じようにオレンジスクリーンも

基板故障が原因で起こる症状です。

 

パーツ交換しかできない修理店では対処できないので

当店のようにswitchの基板修理まで出来るお店にお持ち頂くことをお勧めします。

 

今回お送り頂いたお客様は

「あつまれ どうぶつの森」に何百時間も費やされたそうです。

 

それがオレンジスクリーンになり移行できない状態になったので

なんとしてもデータを救うべく当店へご依頼頂いたとのことでした。

 

郵送修理ポストリペアならオレンジスクリーンの修理実績も多数ございます。

 

Switch/Switch Liteの基板修理実績は300件を超えておりますので、

今回のように基板が壊れてお困りならぜひお任せを!

背面パネルを剥がして基板修理しているオレンジスクリーンになったSwitch Lite

本体を分解し、故障した箇所を見つけ出します。

 

今回の故障の原因はやはり基板でした。

 

一部のチップでエラーが発生していました。

 

恐らく本体落下などの衝撃が原因かと思われます。

 

問題の箇所を修理して本体を組み上げると…

基板修理することでオレンジスクリーンが改善したSwitch Lite

このように無事電源が入りました!

 

画面に触れてホーム画面に進みます。

 

肝心のデータはというと…

基板修理してもデータが残ったままのSwitch Lite

本体に保存されていたデータは全てそのまま残っていました!

 

これで今までの時間が無駄になることはありません!

 

今回のお客様のようにゲームに何十時間、何百時間費やされている方は

データが無くなってしまうと非常に困りますよね。

 

任天堂さんでもオレンジスクリーンの修理は出来ますが、

本体内部のデータは消去されてしまいます。

 

データを残したままSwitch Liteのオレンジスクリーンを直したい、

という方はぜひ郵送修理ポストリペアへご相談くださいませ!

 

 

 

               関連記事はこちら

【Switch Liteブルースクリーン】修理料金12800円でデータそのまま復活!画面が真っ青になる原因はほぼ確実に基板です!

 

Nintendo Switchのエラーコード2107-0445が修理代12800円でデータ消さずに復活!【郵送専門ゲーム機修理店】

 

【Switch基板修理/データ復旧】水濡れで完全に電源が入らなくなった状態から復旧成功![配送専門ゲーム機修理店]

  • Nintendo Switch/Switch Lite修理 2020年10月14日

修理のご依頼はこちら!

スマホ・タブレット・ガラケーなど様々な端末を安く早く安全に修正いたします!