WORKS

修理実績

これまでに行った修理についてご紹介します。

iPod Classicのバッテリーを4980円で新品交換と安い!長時間音楽が聴けるように使用可能時間が延びました!【郵送専門アイポッド格安修理店】

iPod Classicの充電持ちが悪い症状が安価で改善!

長年使用したiPod Classicのバッテリー劣化が進み、ついには充電器を外したら1時間も経たずに充電切れるようになってしまったということで、バッテリー新品交換ご依頼を頂きました!

使用できる時間が短くなりすぎたので数年間放置されていたそうですが、安価でバッテリー交換が出来る当店を見つけてご依頼頂いたそうです。

郵送修理ポストリペアでは受け付けている修理店が年々減っているiPod Classicのバッテリーを、わずか4,980円で新品に交換出来ます!

iPod Classicは分解が難しいとされています。

慣れていないと分解の際にフレームが変形してしまったり、傷をつけてしまうことが多いです。

ただ、当店の熟練スタッフはiPod Classicに限っても修理実績が豊富にございますので、変形させず傷をつけることなくキレイに分解出来ます!

背面パネルから本体を浮かせたiPod Classic

まずは特殊なへらを使って背面フレームから本体を取り出します。

今回も難なくキレイに取り出すことが出来ました。

本体を取り出せたら、まずはバッテリーコネクタを抜きます。

すると・・・

背面パネルを開いたiPod Classic

このように本体を開くことが出来ます!

iPod Classicのバッテリーは背面パネルの上部に収まっています。

バッテリーをよーく見てみると・・・

バッテリーが膨張しているiPod Classic

若干膨張してしまっています。

バッテリーは放置していても劣化が進みます。

今回は劣化が進み過ぎてバッテリー膨張が始まっていたようです。

膨張したバッテリーを本体から取り出したiPod Classic

背面プレートに粘着されているので、接着剥がしを使ってバッテリーを取り出します。

後は新品のバッテリーに交換して、本体を元通り組み上げたらバッテリー交換作業終了です!

バッテリー新品交換後のiPod Classic

無事電源も入り、充電器を抜いても長時間使用できるようになりました!

 

郵送修理ポストリペアならアップルストアではとっくに修理受付が終了してしまっている機種や、修理出来るにしても超高額な修理を安価で承ることが出来ます。

お持ちのiPodのバッテリー劣化や、電源が入らないなどの症状でお困りでしたら、ぜひ修理実績豊富な郵送修理ポストリペアへご相談くださいませ!

 

 

 

              関連記事はこちら

【iPod nano7バッテリー交換】修理費用が5980円と安い!使用可能時間が大幅に伸びて電源が落ちる症状も改善!

iPod Touch(第4世代)バッテリー交換修理代が5980円と安い!安価で充電持ちが大幅に改善!【郵送専門iPod格安修理店】

iPod Classic(30GB)のバッテリー交換修理料金が4980円と安い!充電がすぐ無くなる症状が改善して長時間使用できるように!

修理のご依頼はこちら!

スマホ・タブレット・ガラケーなど様々な端末を安く早く安全に修正いたします!