WORKS

修理実績

これまでに行った修理についてご紹介します。

【Switch水濡れ修理】基板洗浄価格5980円!復旧不可の場合基板修理も受付可能!

Switchの基板洗浄や基板修理もお任せを!

Nintendo Switchにジュースが掛かってしまい、電源が入らなくなってしまったと修理のご相談を頂きました。

カバンの中にNintendo Switchと一緒にジュースを入れていたところ、ジュースの蓋が緩んでいていつの間にか本体が浸ってしまっていたそうです。

このような事例は多くご相談頂いております。

復旧成功実績も非常に多いのでぜひ当店へご相談くださいませ!

ひとまず分解して本体内部の確認を行います。

水が掛かったswitchを分解したら腐食がひどかった

分解してまず目に入ってのがバッテリーコネクタの腐食です。

水没後、電源を入れようとしたり充電すると基板がショートし腐食します。

するとこの通り白や緑など変色してしまうのです。

今回はかなり腐食が進んでしまっていました。

バッテリーコネクタを抜き、作業を続行します。

基板の所々が腐食している水が掛かったswitch

バッテリーコネクタ以外にも随所に腐食跡が見られます。

水濡れにより基板が腐食した水が掛かったSwitch

というより、コネクタというコネクタほぼ全てが変色してしまています…。

本体が濡れた状態で電源を入れたり操作するとこの通り基板がショートするので要注意です。

水濡れしてしまったらなるべくそのままの状態で修理店にお持ち頂くことをお勧めします。

基板を本体から取り出したSwitch

各所のコネクタやネジを外し、基板を取り出しました。

基板が腐食していると非常に脆く壊れやすいので取り扱いには注意が必要です。

基板洗浄前のSwitch

ちなみに、本体の裏側も腐食がひどかったです。

徹底的な洗浄+乾燥を行い、復旧できるか試してみます。

作業時間約2時間後…

基板洗浄+バッテリー交換で電源が入るように改善したSwitch

基板洗浄+バッテリー交換作業で無事復旧させることが出来ました!

本体内部に保存されていたセーブデータも全てそのまま残っているようです。

これでデータ移行など行うことが出来ます!

 

郵送修理ポストリペアでは水没したNintendo Switchの数多くの修理実績がございます。

当店ではもし仮に今回の基板洗浄やパーツ交換で症状が改善しなくても、その先の基板修理まで行うことが出来ます!

基板修理まで進めると9割以上の復旧率を誇っています!

お持ちのNintendo Switchの水濡れ、基板故障でお困りの際はぜひ郵送修理ポストリペアへご相談くださいませ!

 

 

             関連記事はこちら

【Nintendo Switch勝手に動く】修理費用2480円と安い!スティック交換で症状改善!

 

Nintendo Switchのエラーコード2107-0445が修理代12800円でデータ消さずに復活!【郵送専門ゲーム機修理店】

 

【Switch Liteブルースクリーン】修理料金12800円でデータそのまま復活!画面が真っ青になる原因はほぼ確実に基板です!

  • Nintendo Switch/Switch Lite修理 2020年07月10日

修理のご依頼はこちら!

スマホ・タブレット・ガラケーなど様々な端末を安く早く安全に修正いたします!