WORKS

修理実績

これまでに行った修理についてご紹介します。

TONE e20の画面交換費用も安い!液晶表示異常や操作不可でもデータそのままで直せます!

郵送修理ポストリペアではTUTAYAさんのTONEシリーズの修理ご依頼も承れます!

 

今回はTONE e20の画面が割れてしまったということでご依頼を頂きました。

画面が割れたTONE e20

本体上部がひび割れています。

 

3カ月ほどこの状態で使用されていたそうですが、先日再度落としてしまってから誤作動するようになってしまったそうです。

 

突然が連打されてしまったり、押していないアプリを開いてしまったりと非常にストレスを感じる状態でした。

 

郵送修理ポストリペアにお任せ頂ければ、この様な症状はあっという間に改善させられます!

本体からSIMトレイを取り出したTONE e20

TONE e20を分解するにはまずはSIMトレイを外します。

 

ちなみに、TONE e20のSIMトレイを外すにはSIMピンが必要です。

 

次にフレームと本体部分の間にヘラを入れます。

フレームから本体を取り出したTONE e20

するとこのように本体部分を浮かせることが出来ます。

 

全体がツメで固定されているので、ツメを外しながら慎重に本体を持ち上げます。

フレームと本体をバラバラに分解したTONE e20

フレームから本体を取り出すとこのような状態になります。

 

指紋認証がフレーム側に付いてきやすいので断線させないように注意が必要です。

本体内部の特殊ネジを外しているTONE e20

本体を覆っているプレートを剥がす作業です。

 

数か所ネジで固定されているのですが、+ネジではなくYネジです。

 

少し変わった形をしています。

 

ネジを全て外すと…

基板を覆ったプラスチックパーツを剥がしたTONE e20

基板を覆ったパーツを剥がすことが出来ます。

 

バッテリーや画面など、基板に接続されているコネクタ類を全て外します。

本体からバッテリーを取り出したTONE e20

バッテリーシールを剥がし、本体からバッテリーを外します。

本体から基板を取り出したTONE e20

同じように基盤も本体から取り出します。

 

後は取り出したバッテリーと基板を別の画面パーツへと移植して修理完了です!

 

画面パーツ交換することで、ガラスの割れも誤動作も直りました!

 

データは一切消えることなく全てそのままの状態で残っています。

 

郵送修理ポストリペアにお任せ頂ければ、TONEシリーズの別のスマホも難なく修理出来ます!

 

同じように画面パーツの故障でお困りなら、ぜひ修理実績豊富な当店へご連絡くださいませ!

 

 

関連記事はこちら

TONE m19が充電できない!電源が入らない状態が充電口交換修理でデータ消さずにそのままお返し!

 

【TONE m15修理】ガラスが割れて操作ができない!データ消さずに修理出来ます!

 

TONE m15の修理なら郵送修理ポストリペアへ!ツタヤスマホも格安!画面割れ・カメラ不良・各種ボタンどこでも修理できます!

修理のご依頼はこちら!

スマホ・タブレット・ガラケーなど様々な端末を安く早く安全に修正いたします!