WORKS

修理実績

これまでに行った修理についてご紹介します。

【iPodnano7の電池交換料金が5980円】充電ケーブルを外したら電源が切れるのはバッテリー劣化が原因!

iPodnano7から充電ケーブルを外したら電源が落ちてしまう、という症状は度々修理ご依頼を頂きます。

 

これは電池パック劣化で起こる末期症状で、電源が入らなくなるのは時間の問題です。

充電器を抜いたら電源が切れるiPodnano7

今回も同様の症状で修理のご相談を頂きました。

 

ご自身で電池パックを購入されたものの、作業は断念されたそうです。

 

iPodnano7の分解は難易度が高いです。

 

慣れていない方が分解すると、修理後にタッチ操作が出来なくなったり、基板が損傷して電源が入らなくなるので要注意です。

背面のプラスチックパーツを剥がしたiPodnano7

まずは背面下のプラスチックパーツを剥がします。

 

内部にはネジがあるので外します。

背面を分解しているiPodnano7

更にこのように中のパーツを浮かせてネジを外します。

 

ネジを外すことで…

画面を浮かせたiPodnano7

このように画面を浮かすことが出来ます。

 

この際にタッチセンサーのケーブルが断線する恐れがあります。

 

勢いよく持ち上げないよう要注意です!

画面を浮かせてはんだ小手を使ってバッテリーを取り出しているiPodnano7

電池パックコネクタは基板の端についています。

 

はんだ小手を使って電池パックコネクタを基板から剥がします。

本体からバッテリーを取り出したiPodnano7

接点が取れたらこのように電池パックを基板から取り出せます。

 

無理に電池パックを基板から剥がそうとすると、基板の接点がはがれます。

 

そうなると修理はかなり難しくなるのでこの部分も要注意です。

劣化したバッテリーを取り出したiPodnano7

後は画面裏に接着されている古い電池パックを回収し、新品へと交換して本体を元通りにします。

 

所要時間は約15分ほどの作業内容です。

バッテリー新品交換修理後のiPodnano7

充電ケーブルを外した状態でも問題なく使用できるように改善しました!

 

同じ症状はiPodnano7以外でも起こり得ます。

 

お困りの際は郵送修理ポストリペアへご相談くださいませ!

 

 

関連記事はこちら

iPod Touch 第2世代のバッテリー交換が安い!寿命を迎えても安価で完全復活させられます!

 

iPodが芳香剤で水没!液晶表示異常がパーツ交換で改善!

 

iPodの液晶にも寿命がある!尿液晶/縦線・横線/液晶焼けがパーツ交換で改善!

修理のご依頼はこちら!

スマホ・タブレット・ガラケーなど様々な端末を安く早く安全に修正いたします!