WORKS

修理実績

これまでに行った修理についてご紹介します。

【TONE m15修理】ガラスが割れて操作ができない!データ消さずに修理出来ます!

2015年11月にTSUTAYAから発売された格安スマホ「TONE m15」の修理をご紹介いたします!

 

TONE m15は見た目のシャープさやコスパの高さから、当初高い人気を誇っていました。

 

発売からもう5年が経過しようとしていますが、今でも修理のご相談を頂くくらいです。

 

TONE m15は表面ガラスが割れてしまったらタッチ操作ができなくなってしまいます。

 

本体内部のデータが必要だ、という方が大半だと思いますが、

タッチ操作ができないと当然データの移行もできません。

 

郵送修理ポストリペアなら内部のデータを消すことなく

TONE m15の割れた画面パーツを交換することが出来ます!

ガラスが割れて操作できないTONE m15

今回お送り頂いたTONE m15はガラスがひどく割れているわけではなく

落とした衝撃でヒビが何本か入ってしまった、という程度でした。

 

それでもこの通りタッチ操作ができません…。

 

電源を切ることすらも出来ない状態でした。

 

数年データバックアップを取っておらず、

引き継ぎたいアプリもたくさんあるということでお困りでした。

 

そんな時はぜひ郵送修理ポストリペへお任せを!

 

さっそく分解して修理を進めていきます。

背面パネルを剥がしたTONE m15

まずは背面パネルを剥がします。

 

パネルを剥がすと特殊ネジによりプラスチックパーツが固定されています。

 

トルクスネジといって、プラスでもマイナスでもない

六芒星のような形のネジです。

 

ネジを全て外すと…

プラスチックパーツを取り出したTONE m15

基板やバッテリーを覆ったプラスチックパーツを剥がせます。

 

次にバッテリーを取り出します。

バッテリーを取り出したTONE m15

バッテリーは本体フレームに強力に接着されています。

 

へらを使って取り出しました。

 

次に基板を取り出します。

基板を取り出したTONE m15

基板は薄いので取り出す際に破損させないよう注意が必要です。

 

取り出したバッテリーと基板を正常な画面パーツへ移植します。

タッチ操作できるように改善したTONE m15

これで今まで通り操作できるよう改善しました!

 

これでデータ移行どころか、このままこのTONE m15を使い続けられます!

 

郵送修理ポストリペアではTONE m15の画面だけでなく、

充電口や電源ボタンの修理実績もございます。

 

お持ちのTONE m15の故障・損傷でお困りなら、

修理実績が豊富な郵送修理ポストリペアへご相談ください!

 

 

              関連記事はこちら

Android One X1画面交換修理料金15800円と安い!ガラス割れ・タッチ切れ・液漏れなどが金額一律で改善!【郵送専門スマホ格安修理店】

 

HUAWEIの格安スマホが水没してしまった!全機種修理費用4980円で基板洗浄を承っています!

 

Zenfone Max M2(ZB633KL)の画面修理が11800円と安い!ガラス割れ/液晶漏れ/タッチ切れでも金額一律!【郵送専門スマホ格安修理店】

修理のご依頼はこちら!

スマホ・タブレット・ガラケーなど様々な端末を安く早く安全に修正いたします!