WORKS

修理実績

これまでに行った修理についてご紹介します。

WALKMAN NW-F887/NW-F886/NW-F885の電池交換金額が6980円と安い!充電持ちが改善して長時間使用が可能に!【郵送専門ウォークマン修理店】

WALKMAN NW-F887の充電の減りがとても早くなってしまって困っていると修理のご相談を頂きました。

郵送修理ポストリペアではNW-F880シリーズの電池交換作業も6,980円と安価で承っておりますので、全国より多くのご依頼を頂いております。

充電がすぐに無くなるWALKMAN NW-F887

特に緊急事態宣言後は一般的に修理店より郵送修理店を多く利用される方が増えたのか、当店にも多くのご依頼を頂くようになりました。

郵送修理ポストリペアは通常営業しておりますのでぜひご安心してご連絡くださいませ!

ちなみに、梱包前に本体をアルコール消毒しておりますのでご安心頂ければと思います。

分解前のWALKMAN NW-F887

NW-F887を分解するにはまずは背面パネルを剥がさないといけません。

NW-F887は他の機種と同じようにネジを2本外せば分解出来る、というほど単純な構造ではありません。

下ネジを外しているWALKMAN NW-F887

まずは本体底辺のネジ2本を外します。

一見、ここ以外にネジは無いように見えますが、実は複数のネジが隠されています。

本体上部の外装を剥がしたWALKMAN NW-F887

本体上部のプラスチックパーツは剥がすことが出来ます。

2ヶ所ツメがあるので折らないように注意です。

隠しネジを外しているWALKMAN NW-F887

プラスチックパーツを剥がすと2本ネジが出てくるのでどちらも外します。

これでもまだ背面パネルは剥がせません!

更にプラスチックパーツを剥がしたWALKMAN NW-F887

ひとまずプラスチックパーツを剥がします。

そして本体上辺を見ると・・・

本体上部のネジを外しているWALKMAN NW-F887

さらに2本のネジがあります。

それらもどちらとも外します。

背面パネルを浮かせたWALKMAN NW-F887

これでやっと背面パネルを浮かせることが出来ます!

そのまま背面パネルを持ち上げると・・・

背面パネルを剥がしたWALKMAN NW-F887

この通り、剥がすことが出来ます。

本体の左側に収まっているのが電池です。

スピーカーを取り出しているWALKMAN NW-F887

電池を取り出す為にまずは電池上部にあるスピーカーを外します。

そしてここからははんだ作業です。

はんだ小手を使用し、本体に接続されたコネクタを外します。

バッテリーを取り出したWALKMAN NW-F887

NW-F880シリーズはケーブルが3本あって順番を間違えやすいです。

新品の電池交換時に配線の順番を間違わないように注意しないといけません。

電池交換が完了し、本体を元通り組み上げます。

バッテリー新品交換後のWALKMAN NW-F887

これでバッテリー新品交換作業が完了しました!

充電持ちが大幅に向上し、1回の充電で長時間使用できるようになりました!

 

WALKMANは5~10年前くらいのちょっと古い機種の人気が高いです。

ラジオを聴けたり、必要最低限の機能しかついていないので使いやすかったりと様々な理由があります。

郵送修理ポストリペアなら非常に幅広くWALKMANの電池交換を承っておりますので、お困りならぜひ一度ご相談くださいませ!

 

 

              関連記事はこちら

【WALKMANを洗濯】水濡れ修理料金4980円と安い!水没復旧作業で音楽データを消さずに改善成功!

ウォークマンの液晶画面交換修理も受付可能!SONYでは対応終了した機種でもお任せください![郵送専門WALKMAN修理店]

【ウォークマンNW-A16/NW-A17バッテリー新品交換】修理代6980円と安い!SONYでは受け付け不可でもポストリペアなら対応出来ます!

  • ウォークマン(WALKMAN)修理 2020年04月27日

修理のご依頼はこちら!

スマホ・タブレット・ガラケーなど様々な端末を安く早く安全に修正いたします!