WORKS

修理実績

これまでに行った修理についてご紹介します。

MediaPad M3 lite 10が充電できない!充電口修理で無反応な症状がデータ消さずに直りました!

MediaPadの充電が出来ない、ということで充電口交換ご依頼を頂くことがございます。

 

郵送修理ポストリペアではMediaPadのバッテリー交換だけでなく、画面割れや充電不良に関しても豊富な修理実績がございます!

 

今回お送り頂いた機種はMediaPad M3 lite 10でした。

充電器を挿しても反応しないMediaPad M3 lite 10

充電口がかなりぐらぐらしており、充電器を挿しても反応しない状態です。

 

充電口が故障してしまって、はんだが付く接点が剥がれてしまっているのかと思われます。

 

郵送修理ポストリペアにお任せ頂ければ、取れてしまった接点を付け直すことが出来ます!

画面を剥がしたMediaPad M3 lite 10

まずは分解からです。

 

MediaPad M3 lite 10はiPadと同じようにガラスを剥がして分解します。

 

ヒートガンで粘着を弱めて慎重に剥がします。

 

当店のスタッフならガラスを割ることなく綺麗に開けることが出来ます。

充電口パーツが本体に収まっているMediaPad M3 lite 10

充電口パーツは本体フレームに固定されています。

 

上部のネジを外して…

充電口パーツを保護したパーツを取り出したMediaPad M3 lite 10

充電口をカバーした銀板を剥がします。

 

後は本体に張り付いている粘着を剥がすことで…

本体から充電口パーツを取り出したMediaPad M3 lite 10

充電口パーツを取り出せます。

 

ここからははんだ作業です。

 

はんだ小手を使って…

充電口パーツをはんだメンテナンス途中のMediaPad M3 lite 10

充電口と基板を繋いでいるはんだを付け足します。

 

こうすることで接点がしっかりと繋がって充電されるようになります。

 

はんだ作業が終わったら充電口パーツを本体に接続して充電確認を行います。

充電器を挿すことで充電されるよう改善したMediaPad M3 lite 10

はんだ作業をすることで無事充電反応が出るようになりました!

 

しっかりと溜まって電源も入るよう改善しています。

 

このように、充電できなくなったとしても充電口修理を行うことでデータを失うことなく復旧させられます。

 

郵送修理ポストリペアでは今回のような作業を行うことで数多くのスマホやタブレットの充電不調を修理してきました。

 

パーツ入手が困難な機種でも、このはんだメンテナンスで改善させられることが多いので、充電接触不良でお困りならぜひ当店へご相談くださいませ!

 

 

関連記事はこちら

MediaPad M5 8.4のバッテリー交換も安い!充電が急激に減る症状を新品交換で解消!

 

MediaPad T2 7.0 Pro(PLE-701L)バッテリー交換が6800円と安い!電池がすぐ減るなら郵送修理ポストリペアへお任せを!

 

【MediaPad電池交換が安い】M3 lite 10は修理費8800円で画面の浮きが改善!

修理のご依頼はこちら!

スマホ・タブレット・ガラケーなど様々な端末を安く早く安全に修正いたします!