WORKS

修理実績

これまでに行った修理についてご紹介します。

iPod nano 第5世代のバッテリー交換修理価格は8000円!新品交換で充電器を抜いたら電源が落ちる症状が改善!

iPod nano 第5世代のバッテリー劣化が進み、

充電器を挿している間を使用できるものの、

充電器を抜いた途端に電源が落ちる症状の修理依頼を頂きました。

 

これはバッテリー劣化で起こる末期の症状でして、

そのうち充電しながらでも電源が入らなくなります。

 

郵送修理ポストリペアでは同じ状態のiPodの修理ご依頼を頂いており、

全てバッテリー交換で改善させることが出来ています。

 

iPod nano 第5世代は今ではほとんど修理を受けているお店はありませんが、

当店ではまだまだバッテリー入手可能でして、受付しております。

操作盤を剥がしたiPod nano 第5世代

まずは底面のプレートを剥がしてネジを外します。

 

出来た隙間からヘラを入れて操作盤を剥がします。

背面のカメラレンズを剥がしたiPod nano 第5世代

次に本体背面のカメラレンズを剥がします。

 

カメラレンズ内には白いプラスチックパーツがあり…

ストッパーを外したiPod nano 第5世代

このように取り出すことが出来ます。

ガラスを本体から剥がしたiPod nano 第5世代

次に液晶画面を保護しているガラスを剥がします。

 

ヒートガンなどで粘着を弱めるとこのように剥がすことが出来ます。

 

後は本体上部の隠しネジを外し、バッテリーの粘着を剥がすと…

本体をフレームから引っ張り出しているiPod nano 第5世代

このように本体内部をフレームから取り出すことが出来ます。

 

無理やり引き抜くと液晶画面が割れてしまったり、

スリープボタンケーブルが断線してしまいます。

 

そうならないように慎重に作業を進めます。

本体をフレームから取り出したiPod nano 第5世代

無事本体を取り出すことが出来ました!

 

次はバッテリーを本体から取り出す作業です。

液晶画面裏のバッテリーを持ち上げているiPod nano 第5世代

液晶画面の裏にバッテリーが隠れています。

 

そのまま持ち上げると…

はんだ作業で本体からバッテリーを取り出しているiPod nano 第5世代

はんだ3点で本体接続されています。

 

はんだ小手を使って接点を剥がすと…

バッテリーを本体から取り出したiPod nano 第5世代

劣化したバッテリーを取り出すことが出来ました!

 

新品のバッテリーを同じようにはんだ小手を使って本体に接続します。

 

後は本体を組み上げて作業完了です!

バッテリー新品交換修理後のiPod nano 第5世代

電池持ちが改善し、充電器を繋いでいなくとも使用できるようになりました!

 

iPod nano 第5世代は分解がかなり難しい上に、

バッテリー交換するにははんだ作業必須です。

 

修理難易度はかなり高いので修理を受けているお店は限られています。

 

郵送修理ポストリペアでは今まで数えきれないほどの修理実績がございますので、

今回のようにバッテリー劣化でお困りの際はぜひ当店へご相談くださいませ!

 

 

              関連記事はこちら

【iPod Touch 第7世代タッチ切れ】修理価格9800円と安い!データ消さずに返却出来ます!

 

【iPodTouch文鎮化】何をしても無反応で電源が入らない!電池パック交換修理で改善!

 

iPod Touch(第4世代)バッテリー交換修理代が5980円と安い!安価で充電持ちが大幅に改善!【郵送専門iPod格安修理店】

修理のご依頼はこちら!

スマホ・タブレット・ガラケーなど様々な端末を安く早く安全に修正いたします!