WORKS

修理実績

これまでに行った修理についてご紹介します。

iPad Pro 12.9 第3世代が充電されない!修理料金24800円と安い!データそのまま症状改善!【郵送専門タブレット修理店】

iPad Pro 12.9 (第3世代)の充電部分修理を安価で受付中!

iPad Pro 12.9 (第3世代)が充電できなくなってしまったと修理のご相談を頂きました。

実際に充電器を挿してみると・・・

充電器を挿すと画面中央にバッテリーマークが出るだけで電源が入らないiPad Pro 12.9(第3世代)

画面中央にバッテリーマークは出ています。

バッテリーマークの下のコネクタのアイコンも消えているので本体はケーブルを認識しているはず!と思って充電し続けてみるも、一瞬電源が入っては消える、この繰り返しでした。

iPad Pro 12.9 (第3世代)とiPad Pro 11 (第1世代)は同じ充電口パーツが使用されているので、これらのパーツは非常に壊れやすい印象です。

上記2台に限っても、今まで20~30台は修理ご依頼を頂いております。

郵送修理ポストリペアならiPad Pro 12.9 (第3世代)の修理も難なく承れます!

一般的な修理店では3万円超えが当たり前な今回の充電口交換修理ですが、郵送修理ポストリペアなら24,800円(税抜)と安価で承っております!

画面を剥がしたiPad Pro 12.9(第3世代)

ひとまず画面パーツを剥がします。

この作業がとっても大変です!

iPad Pro 12.9 (第3世代)はまだまだ画面パーツが高額で、もし仮に画面を割ってしまったらかなりの金額の損失になってしまいます。

このリスクを嫌って、別の修理店では修理費用を高額に設定されていたり、そもそも修理を受けていないということです。

当店の熟練スタッフの手にかかれば、iPad Pro 12.9 (第3世代)の液晶画面もわずか15分ほどで開いて持ち上げることができます!

本体上部のFaceIDケーブルを抜いたiPad Pro 12.9(第3世代)

画面上部にはFace IDのケーブルが付いており、画面を大きく開けなくなっています。

短いドライバーを使い、ケーブルを固定したプレートを剥がします。

Face IDのケーブルを抜けば、画面を大きく開くことができます!

本体下部の黒いプレートのネジを外しているiPad Pro 12.9(第3世代)

画面を開けたら次は充電口パーツの取り出し作業です。

充電口パーツは本体下部に収まっています。

上部と同じように黒いプレートにより充電口パーツのコネクタも固定されています。

まずはプレートを固定した5本のプラスネジをドライバーで外します。

本体下部の黒いプレートを剥がしたiPad Pro 12.9(第3世代)

ネジを全て外したらこの通りプレートを剥がすことができます!

後は充電口パーツを固定した2本のプラスネジを外し、基板に接続されたコネクタを外します。

iPad Pro 12.9(第3世代)の充電口パーツを取り出したiPad Pro 12.9(第3世代)

するとこの通り、充電口パーツを取り出すことができました!

新品の充電口パーツへ交換し、本体を元通りくみ上げます。

充電器を接続し、時間がたつと・・・

充電口交換修理で充電がたまって電源が入るように改善したiPad Pro 12.9(第3世代)

この通り、無事充電が進んで電源が入るように改善しました!

しっかりと100%まで溜まることを確認しお返しいたしました!

これで本体を買いなおすことなくお使い続けることができます!

 

郵送修理ポストリペアでは他店では行っていないような分解が難しい機種でも幅広く修理を承っております。

近くの修理店では修理していない、もしくは高額で負担が大きい!とお困りでしたら、ぜひ郵送修理ポストリペアへご相談くださいませ!

 

 

 

               関連記事はこちら

【iPadPro基板修理が安い】修理費用18800円でブルースクリーンがデータそのまま復旧成功!

iPad Pro 12.9 第1世代のバッテリー膨張で画面浮き!修理金額14780円と安い!【郵送専門アイパッド格安修理店】

【iPad Pro 10.5画面交換】修理料金27800円と安い!表示不良やタッチ切れなどしていても金額一律!

修理のご依頼はこちら!

スマホ・タブレット・ガラケーなど様々な端末を安く早く安全に修正いたします!