WORKS

修理実績

これまでに行った修理についてご紹介します。

iPad Pro11(第2世代)の画面交換修理が安い!作業風景を写真付きで解説!

iPad Pro11(第2世代)の表面ガラス割れの修理のご相談を頂きました。

 

実際の本体がこちらです。

本体下部が粉々に割れてしまっています。

 

更にフレームを見てみると…

このようにへの字に曲がってしまっています。

 

郵送修理ポストリペアなら画面交換修理だけでなく、への字に曲がってしまったフレームをほぼ真っすぐに矯正することも出来ます。

 

2箇所ご一緒にご依頼頂ければ割引もございますので、ぜひ合わせてご相談くださいませ。

 

それでは、今回はiPad Pro11(第2世代)の画面交換修理について解説させて頂きます!

 

 

iPad Pro11(第2世代)画面交換修理


【使用する工具】

ヒートガン(設定温度250度)

クラフトナイフ(平刃)

ピック

ヘラ

粘着テープ

 

分解前にまずは本体の電源を落とします。

 

iPad Pro11(第2世代)の場合…

電源ボタン+ボリューム下ボタンの長押しをすることで…

このように電源OFFボタンが画面上部に出てきます。

押さえて…

スライドさせることで電源を切ることが出来ました。

 

それでは分解開始です!

 

 

①画面を剥がす


まずは画面を剥がす作業です。

 

iPad Pro11(第2世代)の画面は本体フレームに強力に接着されています。

ヒートガンを使って画面に温風を当てます。

 

このように粘着を弱めて…

画面と本体フレームの間にクラフトナイフを挿します。

 

すると隙間が出来るので…

ピックを挟みます。

クラフトナイフを抜き…

ピックから離れた箇所に温風を当てます。

 

こうして画面の粘着を弱めては…

ピックをスライドさせる、という作業を繰り返します。

赤線部分にはFaceIDセンサーケーブルがあるので、ピックを深く入れ過ぎないよう要注意です。

 

画面一周分の粘着を切ることで…

このように画面を持ち上げることが出来ました。

 

 

②画面パーツを取り出す


画面パーツを持ち上げると…

本体上下にケーブルが繋がっています。

持ち上げると簡単に断線するので要注意です。

 

まずは本体上部のネジを外します。

外すべきはこの2本のネジです。

どちらもプラスネジドライバーで外せます。

 

ちなみに…

この2本のネジは長さが違うので、上下間違わないよう注意が必要です。

 

ネジを外せたら…

FaceIDセンサーケーブルを固定した板を取り出します。

 

するとコネクタがむき出しになるので…

コネクタにヘラを引っ掛けます。

 

そのまま上に持ち上げることで…

コネクタを外すことが出来ます。

 

FaceIDケーブルを抜くと…

画面を90度まで開くことが出来ます。

次に外すのが画面パーツコネクタを固定した、黒い板のネジです。

3か所全て外します。

 

ネジを外すと…

この通り板を取り出すことができ、コネクタがむき出しになります。

コネクタにヘラを引っ掛けて持ち上げます。

全部で4つコネクタがあるので、一つずつ引っ掛けては持ち上げて、と外していきます。

全てのコネクタを外すと…

このように持ち上げることが出来ます。

iPad Pro11(第2世代)の画面パーツを取り出すことが出来ました。

 

 

③ガラス片を除去する


本体フレームには…

割れたガラスの破片が残っています。

 

少しでも破片が残っていると、新品の画面をうまく接着することが出来ません。

 

それどころか、新品の画面が割れやすくなる原因にもなります。

綺麗に除去して、粘着テープを新品に貼り替えます。

 

 

④画面パーツケーブルを取り出す


画面パーツには移植すべきケーブルがあります。

ケーブルを取り出すには、矢印部分の銀板を取り出す必要があります。

ケーブルを少し剥がすと、銀板を固定したネジが出てきます。

2本のプラスネジを外すと…

この通り銀板を取り出すことが出来ます。

 

これでコネクタがむき出しになるので…

ヘラを使って外します。

 

合計2箇所…

コネクタを外すことで…

画面パーツコネクタを取り出すことが出来ました。

 

 

⑤FaceIDセンサーを取り出


次に本体上部の…

FaceIDセンサーケーブルを取り出す作業です。

 

iPad Pro11(第2世代)のFaceIDセンサーケーブルは非常に細くて断線しやすいです。

 

断線するとFaceIDが使用不可になるので細心の注意を払って作業を進めます。

まずは画面とケーブルを固定している粘着を剥がします。

 

指でつまんで…

ある程度ケーブルを剥がします。

残り3か所強力に画面に接着されているのでクラフトナイフを使って…

一か所一か所…

慎重に粘着を剥がします。

 

3か所全ての粘着を取り終わったら…

このように慎重に引っ張ってケーブルの粘着を剥がします。

この通り、無事FaceIDセンサーケーブルを取り出すことが出来ました。

取り出したFaceIDセンサーケーブルは新品の画面パーツの上部へと固定します。

 

 

⑥画面パーツケーブルを移植する


取り出した画面パーツケーブルも新品の画面パーツへと移植します。

2か所のコネクタを…

このように接続します。

 

接続出来たら…

銀板を被せて…

ネジで固定します。

 

 

⑦画面を本体に接続する


新品の画面パーツを本体に接続します。

4箇所のコネクタを…

まずは下部から接続します。

 

ズレた箇所でコネクタを押し込もうとすると基板が故障します。

 

正しい位置で、適切な強さでコネクタを押し込みます。

上部の2本の同じように接続しました。

 

計4箇所のコネクタを接続出来たら…

コネクタを固定する黒い板を被せます。

 

ネジ穴で正しい位置を確認し…

3か所ネジ留めします。

 

 

⑧動作確認を行う


 

本体上部のFaceIDセンサーケーブルも接続出来たら起動確認を行います。

 

電源ボタンを長押しすると…

この通り、リンゴマークが出て起動しました。

 

そのまま待ってホーム画面まで進み…

タッチ操作にも異常がないことを確認しました。

 

本体の組み上げを続行します。

FaceIDセンサーケーブルを固定する板を…

ネジ穴を確認しながらセットします。

 

正しい位置に合わせて…

2本のネジで固定します。

 

これで本体内部の作業は完了です。

画面を本体フレームに合わせて…

接着します。

 

隙間なくしっかりと接着が出来たら…

iPad Pro11(第2世代)の画面交換修理完了です!

画面表示やタッチ操作に異常がないことも確認します。

 

変形していたフレームもほぼ真っすぐに矯正出来たので、これで安心してお使い頂くことが出来ます。

 

iPad Proシリーズは非常に高額なので、そう簡単に買い替えることが出来ないかと思います。

 

当店の修理なら、痛い出費を最小限に抑えることが出来ます。

 

お持ちのiPadの画面割れや、その他の故障でお困りなら、ぜひ安価で修理できるポストリペアへご相談くださいませ!

 

 

関連記事はこちら

iPad画面交換修理料金表

 

iPad Pro11 第2世代の画面交換修理!液晶が変色した症状がデータ消さずに修理出来ます!

 

iPad Pro11(第1世代)カメラレンズ割れ修理!光が反射して白くぼやける症状が改善![配送専門iPad修理店]

修理のご依頼はこちら!

スマホ・タブレット・ガラケーなど様々な端末を安く早く安全に修正いたします!