WORKS

修理実績

これまでに行った修理についてご紹介します。

iPad第6世代充電できない!修理料金9480円と安い!本体内データそのままなのでバックアップ不要!【郵送専門iPad格安修理店】

iPad第6世代充電口交換修理

突然充電されなくなってしまったiPad第6世代の充電口修理ご依頼を頂きました!

iPad第6世代は充電出来なくなる症状が出やすいのか、ここ最近修理ご依頼が急増しています。

郵送修理ポストリペアなら修理可能ですのでぜひお任せください!

ガラスを開いたiPad第6世代

まずは表面ガラスを剥がします。

この作業が非常に難しいです。

力を入れ過ぎるとほんと簡単に割れてしまうので要注意です。

液晶画面を持ち上げたiPad第6世代

ガラスを剥がしたら次はその下の液晶を外します。

四つ角がネジで止められているので全て外します。

液晶の表面に触れてしまうと指紋が残ってしまい拭くのが大変ですので、触れないように注意が必要です。

ホームボタンケーブルを外そうとしているiPad第6世代

液晶を剥がすとこのようにコネクタがいくつも止まっています。

一つ一つ丁寧に外していきます。

まず、ホームボタンは爪を90度に上げることで外すことが出来ます。

画面コネクタを外しているiPad第6世代

つぎに画面のコネクタです。

2本ついているのでどちらも外します。

ホームボタンコネクタ1本、画面コネクタ2本の合計3本はずせば表面ガラスを取り出すことが出来ます。

アンテナを外しているiPad第6世代

ガラスを剥がせたら、次に本体内部のコネクタを取ってきます。

まずは本体下部のアンテナ2本を外します。

そして固定されているテープを剥がします。

充電口パーツを覆った絶縁テープを剥がしているiPad第6世代

充電口パーツの上にも絶縁テープが貼られているので全て外します。

充電口を止めたネジを外しているiPad第6世代

充電口とフレームを固定したネジ2本を取ります。

これで本体下部のコネクタやネジは全て取りました。

次は本体上部です。

本体上部のネジを外しているiPad第6世代

ネジ3本で固定されたプレートを外します。

この下にはたくさんのコネクタが隠されています。

本体上部のコネクタを外しているiPad第6世代

バックカメラ、インカメラ、イヤホンジャックなどの細かなパーツですが、これらのコネクタは全て外します。

これで基板を取り出すのに必要なコネクタやネジは全て外しました。

いよいよ基板を剥がします!

基板を取り出したiPad第6世代

基板は非常に強力に本体に接着されています。

さらにかなり薄いので、強引に剥がそうとすると簡単に折れてしまいます。

粘着はがしを使って慎重に剥がします。

はんだの接点のシールを剥がしているiPad第6世代

基板裏に絶縁テープが貼っているので剥がします。

ここからは難易度の高いはんだ作業です。

はんだを付けて慎重に充電口パーツを剥がします。

充電口を基板から剥がしたiPad第6世代

この通り、キレイに剥がすことが出来ました!

新品の充電口に交換して、同じくはんだで綺麗に止めます。

しっかりとはんだ付けしないと充電されないので入念に作業を行います。

はんだ作業が終わったら本体を組み上げて充電を試します。

充電口パーツを本体から取り出したiPad第6世代

すると無事この通り充電されるようになりました!

しっかりと100%まで溜まっています!

これで本体を買い替えることなく、このiPad第6世代をまだまだ使用出来ます。

 

郵送修理ポストリペアではiPad第6世代の充電口やバッテリーなど、パーツ交換修理ご依頼を非常に多く頂いております。

何かの不具合でお困りの際はぜひご相談くださいませ!

 

 

関連記事はこちら

【iPad 第6世代バッテリー交換】修理料金9480円と安い!充電がすぐに減る症状が安価で改善!

【iPad基板修理】iPad第6世代が充電出来ない症状が基板修理で改善!料金は18800円と安い!データそのままで復活!

iPad第6世代の本体が変形!曲がった筐体を真っ直ぐに矯正!修理代は8000円と安い![配送専門iPad修理店]

修理のご依頼はこちら!

スマホ・タブレット・ガラケーなど様々な端末を安く早く安全に修正いたします!