WORKS

修理実績

これまでに行った修理についてご紹介します。

【ウォークマン水濡れ修理】NW-A16が基盤洗浄作業料金4980円で復活!徹底クリーニングで腐食を除去!

ウォークマン NW-A16水濡れ修理

鞄の中にお茶を入れていたら漏れていて近くにあったNW-A16が濡れてしまい、電源が入らなくなってしまったと修理ご依頼を頂きました。

今回のように鞄の中の飲み物でウォークマンの他にもスマホやタブレットが水濡れしてしまう例は多くあります。

一緒に持ち運ぶ際はどうかご注意ください。

ウォークマン NW-A16水濡れ修理①

水濡れしたウォークマンNW-A16を分解しようとしているウォークマンNW-A16

NW-A16を分解するにはまず背面下部のネジを外す必要があります。

どちらもプラスネジで、回せが簡単に外すことが出来ます。

ネジが取れれば次に背面パネルを剥がします。

ウォークマン NW-A16水濡れ修理②

背面パネルを浮かせたウォークマンNW-A16

本体と背面パネルの間にヘラを入れて、隙間を少しずつ大きくします。

ウォークマン NW-A16水濡れ修理③

背面パネルを剥がしたウォークマンNW-A16

するとこのように背面パネルを剥がすことが出来ます。

背面パネルはプラスチック製なので、強引に剥がそうとすると簡単に変形します。

力を入れ過ぎないように注意が必要です。

ウォークマン NW-A16水濡れ修理④

バッテリーコネクタを抜いたウォークマンNW-A16

基板がむき出しになったら次に基板についたコネクタ類を外します。

バッテリーコネクタははんだ付けされているので、はんだ小手を使って取ります。

その他、液晶コネクタやイヤホンジャックコネクタなど全て外すと・・・

ウォークマン NW-A16水濡れ修理⑤

基板を外したウォークマンNW-A16

この通り基板を取り出すことが出来ます。

基板の表面はとてもきれいに見えました。

水没したとは思えなかったのですが、基板の裏を見てみると・・・

ウォークマン NW-A16水濡れ修理⑥

水濡れにより基板が腐食しているウォークマンNW-A16

この通り腐食してしまっています。

この腐食が原因で電源が入らなくなってしまったようです。

まずは接点洗浄剤などを使って簡単にクリーニングします。

ウォークマン NW-A16水濡れ修理⑦

ネジを外してバラバラに分解しているウォークマンNW-A16

水没に関しては本体内部を徹底乾燥させないといけないので外装を全て外します。

本体上部のネジを外すことで・・・

ウォークマン NW-A16水濡れ修理⑧

外装を剥がしたウォークマンNW-A16

このように表面を覆った概像を剥がすことが出来ます。

これで液晶内に入った水も乾燥させることが出来ます。

それと、操作ボタンが付いた基板があるのでこちらも取り出します。

ウォークマン NW-A16水濡れ修理⑨

基板洗浄してバラバラな状態で乾燥させているウォークマンNW-A16

基板を超音波洗浄し、内部まで徹底的に洗浄します。

そして本体をバラバラにした状態で放置して、2時間程度まちます。

2時間後、本体を組み上げてみると・・・

ウォークマン NW-A16水濡れ修理⑩

基板洗浄で電源が入るようになったウォークマンNW-A16

このように無事復旧し、再び使用できるようになりました!

本体内部の音楽データも全てそのまま残っている状態でした。

 

今回のように、水濡れしてしまって電源が入らない状態でも、基盤洗浄作業だけで復旧する例は数多くございます。

NW-A16以外のウォークマンの水没復旧実績も数えきれないほど多くございますので、お困り際はぜひ郵送修理ポストリペアへご相談くださいませ!

 

 

関連記事はこちら

【ウォークマン水没修理】NW-ZX1が水濡れで電源が入らない!基板洗浄料金5980円で音楽データそのままで復旧成功!

水没したNW-A57が基盤洗浄で復活!作業料金は5980円と安い!洗濯しても復旧成功した実績あり![郵送専門ウォークマン修理店]

ウォークマンの修理なら郵送修理ポストリペアへ!水没により充電持ちがとても悪くなったNW-F807がバッテリー交換で復活!

  • ウォークマン(WALKMAN) 2020年04月12日

修理のご依頼はこちら!

スマホ・タブレット・ガラケーなど様々な端末を安く早く安全に修正いたします!