WORKS

修理実績

これまでに行った修理についてご紹介します。

iPad Air 第4世代の電源ボタン修理!陥没して押されたままの症状が改善!

iPad Air 第4世代の電源ボタン陥没を修理

iPad Air 第4世代の電源ボタンが凹んだままになってしまったと、修理のご依頼を頂きました。

 

iPad電源ボタン修理料金表

 

実際の本体を確認してみると…

電源ボタンが陥没してしまって押せなくなったiPad Air 第4世代

この通り、陥没してしまっています。

 

電源ボタンがずっと押されっぱなしになっているので…

充電器を挿すとリカバリーモードになってしまうiPad Air 第4世代

充電器を挿すとこの通りリカバリーモードになってしまいます。

 

同じ症例は非常に多く頂きます。

 

SNSを検索してみても…

このように、何かのきっかけで故障してしまう例が散見されます。

 

そこで今回はiPad Air 第4世代の電源ボタン修理をご紹介いたします!

 

 

iPad Air第4世代の電源ボタン修理


【使用する工具】

ヒートガン(設定温度250度)

クラフトナイフ(平刃)

ピック

プラスネジドライバー

粘着テープ

 

①画面を剥がす


iPad Air 第4世代は画面を剥がして分解します。

 

画面と本体フレームの粘着を弱める必要があり、分解にはヒートガンが必須と言えます。

画面に温風を当てているiPad Air 第4世代

粘着細くて弱い部分にヒートガンで温風を当てて…

画面と本体フレームの間にクラフトナイフを挿したiPad Air 第4世代

クラフトナイフを挿します。

 

温め足りないとクラフトナイフを挿した際にガラスが割れるので要注意です。

 

クラフトナイフを挿して隙間を作ったら…

画面と本体フレームの間にピックを挟んだiPad Air 第4世代

ピックを挟みます。

画面に挿したクラフトナイフを抜いたiPad Air 第4世代

クラフトナイフを抜いたら…

画面に更に温風を当てているiPad Air 第4世代

画面に更にヒートガンの温風を当てます。

 

粘着を弱めては…

画面と本体フレームに挟んだピックをスライドさせているiPad Air 第4世代

挟んだピックをスライドさせる、という作業を繰り返します。

 

本体一周の粘着をこの方法で全て切ると…

画面と本体フレームの粘着を剥がして画面を開いたiPad Air 第4世代

このように画面を開くことが出来ます。

 

 

②絶縁作業を行う


本体を開いたらまず行うべきは絶縁作業です。

 

iPad Air 第4世代のバッテリーコネクタは…

iPad Air 第4世代のバッテリーの接点

iPad Airと同じように、バッテリーの接点の上に基板が乗っている構造です。

 

バッテリーコネクタは…

iPad Air 第4世代のバッテリーの接点を固定しているネジはプラス

プラスネジで固定されています。

バッテリーの接点を固定したネジを外しているiPad Air 第4世代

ドライバーを使ってネジを外して基板を浮かせます。

 

基板は本体フレームに強力に接着されているので…

本体フレームと基板を固定した粘着を剥がすために粘着剥がしを使用しているiPad Air 第4世代

基板の下に粘着剥がしを吹きかけます。

基板を浮かせているiPad Air 第4世代

ヘラを挿して基板を浮かせます。

 

バッテリーと基板との間に隙間が出来たので…

バッテリーの接点に絶縁体を挟んだiPad Air 第4世代

ピックなど、絶縁体を挟みます。

 

これで絶縁作業が完了したので、作業中に基板がショートすることはありません。

 

 

③画面パーツを取り出す


画面パーツコネクタは銀板で覆われています。

iPad Air 第4世代の画面パーツを固定している銀板のネジ

銀板は合計3点のネジで固定されています。

iPad Air 第4世代の画面パーツコネクタを固定した銀板のネジを外している

ネジを外すことで…

iPad Air 第4世代の画面パーツコネクタを固定した銀板を取り出している

銀板を取り出すことが出来ます。

 

もう片側の銀板も…

iPad Air 第4世代の画面パーツコネクタを固定した銀板を取り出した

同じようにネジを外して取り出します。

 

銀板を取り出したらコネクタがむき出しになります。

iPad Air 第4世代の画面パーツコネクタを外すためにプラスチック製のヘラを引っ掛けている

プラスチック製のヘラを引っ掛けて持ち上げると…

画面パーツコネクタをヘラを使って外しているiPad Air 第4世代

このように外せます。

もう一方の画面パーツコネクタにプラスチック製のヘラを引っ掛けているiPad Air 第4世代

もう片側も同じように引っ掛けて…

プラスチック製のヘラを使って画面パーツコネクタを外しているiPad Air 第4世代

外します。

 

iPad Air 第4世代の場合、外すべきコネクタは全部で3か所です。

最後の画面パーツコネクタを外すためにプラスチック製のヘラを引っ掛けているiPad Air 第4世代

最後の1箇所も同じようにヘラを使って…

iPad Air 第4世代の画面パーツコネクタを外している

外します。

 

これで画面パーツの全てのコネクタを外せので…

コネクタを外して画面パーツを本体から取り出したiPad Air 第4世代

この通り画面パーツを取り出せました。

 

 

④電源ボタンパーツを取り出す


次に、電源ボタンパーツを取り出す作業です。

 

電源ボタンパーツを取り出すには無数のネジやコネクタを外す必要があります。

ケーブルが絶縁テープで固定されているiPad Air 第4世代

まずは電源ボタン上に固定されているセンサーを取り出します。

 

センサーのコネクタは絶縁テープで隠れています。

ケーブルを固定した絶縁テープを剥がしているiPad Air 第4世代

絶縁テープを剥がすとセンサーのコネクタが出てきました。

ツメが倒れることでケーブルを固定しているiPad Air 第4世代のセンサー

このタイプのコネクタは、ツメを倒すことによってケーブルを固定しています。

 

なのでプラスチック製のヘラを…

ケーブルを固定しているツメを起こす為にツメにヘラを引っ掛けているiPad Air 第4世代

このように引っ掛けて真上に持ち上げます。

ケーブルを引き抜く為にツメを起こしてケーブルの固定を解除したiPad Air 第4世代

ツメを起こすとケーブルの固定が解除されます。

ツメを起こしてケーブルを引き抜いているiPad Air 第4世代

ピンセットでケーブルを引き抜くだけではこのセンサーは取り出すことが出来ません。

 

電源ボタン上に粘着で固定されているので…

センサーを固定した粘着を剥がしているiPad Air 第4世代

粘着剥がしを付けたヘラで剥がします。

センサーを本体から取り出しているiPad Air 第4世代

これでセンサーを取り出すことが出来ました。

 

次は電源ボタン周辺にあるネジを…

電源ボタンを固定したプレートのネジを外しているiPad Air 第4世代

ドライバーを使って外します。

 

電源ボタンケーブルは左右ネジで固定されているので…

電源ボタンのプレートのネジを外しているiPad Air 第4世代

どちらのネジも外します。

 

電源ボタンケーブルは本体フレームに軽く接着されています。

 

また粘着剥がしを付けたヘラで…

電源ボタンの粘着を剥がしているiPad Air 第4世代

ケーブルを剥がします。

電源ボタンケーブルを固定した銀板のネジを外しているiPad Air 第4世代

電源ボタンケーブルのコネクタは銀板で固定されています。

 

この銀板もネジで固定されているので、ドライバーを使って外します。

 

ネジを外したら…

電源ボタンケーブルコネクタを固定した銀板を取り出したiPad Air 第4世代

銀板を取り出します。

 

電源ボタンケーブルコネクタがむき出しになったので…

電源ボタンケーブルコネクタにヘラを引っ掛けているiPad Air 第4世代

コネクタ部分にヘラを引っ掛けます。

電源ボタンケーブルコネクタを外したiPad Air 第4世代

これで電源ボタンケーブルのコネクタを外すことが出来ました。

 

電源ボタンケーブルのコネクタを外したら…

電源ボタンケーブルの粘着を剥がしているiPad Air 第4世代

ピンセットを使って剥がします。

電源ボタンケーブルを支えたプレートを取り出したiPad Air 第4世代

電源ボタンを本体に固定するプレートを取り出したら…

電源ボタンを取り出したiPad Air 第4世代

このように、やっと肝心の電源ボタンを取り出すことが出来ました。

 

 

⑤フレームを矯正する


今回電源ボタンが使用不可になったのは…

電源ボタン周辺のフレームが変形してしまっているiPad Air 第4世代

この部分が変形してしまっていることが原因です。

 

フレームが変形することで電源ボタンが引っ掛かってしまって陥没していました。

 

なので変形してしまった箇所を…

電源ボタン周辺のフレームを精密ドリルで研磨しているiPad Air 第4世代

精密ドリルで研磨します。

 

これで元の形に戻せたら電源ボタンが使用可能になります。

 

削り過ぎると電源ボタンが外に飛び出してくるようになるので要注意です。

 

電源ボタン周辺のフレームを確認してみると…

本体フレームが変形してしまっているiPad Air 第4世代

この通り、こちらも若干変形しています。

 

これでは画面が綺麗にフレームに収まらず浮いてしまいます。

変形してしまっているフレームを研磨して形を整えているiPad Air 第4世代

こちらも同じように研磨して形を整えます。

 

ほぼ元通りの形状に戻せました。

 

 

⑥動作確認を行う


では実際に組み上げて改善しているか確認します。

電源ボタンパーツを本体フレームにセットしているiPad Air 第4世代

電源ボタンケーブルを本体フレームにセットします。

電源ボタンケーブルを本体にセットしたiPad Air 第4世代

奥までグッと押し込みます。

プレートをフレームにセットしようとしているiPad Air 第4世代

次に、電源ボタンケーブルを固定するプレートを矢印部分に…

電源ボタンを支えているプレートを本体フレームにセットしたiPad Air 第4世代

セットします。

 

プレートの左右を…

電源ボタンを支えるプレートを固定するネジを留めているiPad Air 第4世代

ネジ留めします。

電源ボタンケーブルコネクタを接続しようとしているiPad Air 第4世代

電源ボタンケーブルコネクタの位置を合わせて…

電源ボタンケーブルを本体フレームに接着させているiPad Air 第4世代

上から押さえつけて接続します。

 

コネクタを接続出来たら、ケーブルを本体フレームに接着します。

電源ボタンケーブルを固定するネジを留めているiPad Air 第4世代

ケーブルの中間についていたネジを留めます。

電源ボタンケーブルを固定する銀板をセットしたiPad Air 第4世代

コネクタ上の銀板をセットして…

電源ボタンケーブルを固定する銀板のネジ留めをしているiPad Air 第4世代

ネジ留めします。

 

最後に、取り出したセンサーを…

センサーを接続しているiPad Air 第4世代

基板に接続します。

 

コネクタを接続したら…

センサーを固定するツメを倒したiPad Air 第4世代

ツメを倒して固定します。

 

これで電源ボタン周辺の組み上げは完了です。

画面パーツコネクタを接続しようとしているiPad Air 第4世代

次に画面パーツコネクタの位置を合わせて…

画面パーツコネクタを基板に接続したiPad Air 第4世代

接続します。

バッテリーコネクタの接点に挟んだ絶縁体を抜いたiPad Air 第4世代

バッテリーコネクタとバッテリーの間に挟んであった絶縁体を抜いて…

バッテリーコネクタをネジ留めしているiPad Air 第4世代

コネクタをネジ留めします。

 

それでは動作確認を行います。

 

電源ボタンを長押しすると…

起動確認を行っているiPad Air 第4世代

この通り、リンゴマークが表示されました。

 

そのまま待っていると…

電源ボタンが使用可能になったiPad Air 第4世代

この通り、しっかりとロゴから先に進むようになりました!

 

今回ご依頼頂いたお客様は、PCに接続して復元(初期化)されていました。

 

なので内部のデータは無くなっていましたが、当店の電源ボタン修理でデータが消えてしまうことはありません。

 

どうかご安心頂ければと思います。

 

 

⑦本体を組み上げる


それではこのまま本体を組み上げる作業を行います。

画面パーツコネクタを固定する銀板をセットしたiPad Air 第4世代

画面パーツコネクタを固定する銀板をセットします。

 

ネジ穴を確認して位置を調整したら…

画面パーツコネクタを固定する銀板をネジ留めしているiPad Air 第4世代

ネジ留めして固定します。

画面パーツコネクタを固定する銀板をネジ留めしているiPad Air 第4世代

もう片側のコネクタも、同じように銀板をネジ留めして固定します。

画面パーツを本体フレームに接着したiPad Air 第4世代

画面と本体フレームとの粘着テープを貼り直し、画面パーツをしっかりと接着します。

 

画面を接着出来たら…

電源ボタン陥没で使用不可の修理が完了したiPad Air 第4世代

iPad Air 第4世代の電源ボタン修理完了です!

 

これで問題なく使用出来るようになりました!

 

郵送修理ポストリペアなら、今回のようなiPadの電源ボタン陥没の修理ご依頼を累計150件以上頂いております。

 

同じように、電源ボタンや音量ボタン、そしてホームボタンの陥没などでお困りならぜひ当店へご一報くださいませ!

 

 

関連記事はこちら

iPad電源ボタン修理料金表

 

iPad Pro 11 (第2世代)の電源ボタンが陥没!修理方法を分解から写真付きで解説!

 

スマホの電源ボタン陥没!修理料金6000円からと安い!押されっぱなしで再起動を繰り返す症状がデータ消さずに改善!【郵送専門スマホ格安修理店】

修理のご依頼はこちら!

スマホ・タブレット・ガラケーなど様々な端末を安く早く安全に修正いたします!