WORKS

修理実績

これまでに行った修理についてご紹介します。

Galaxy S9+のバッテリー交換が安い!修理風景を写真付きで解説!

郵送修理ポストリペアではGalaxyのバッテリー交換ご依頼も多く頂きます。

 

今回お送り頂いたのはGalaxy S9+でした。

 

ちなみに、Galaxyは国内版や海外版などございますが、どちらも同じバッテリーが使用されています。

 

どちらも難なくバッテリー交換を承れますので、充電持ちが悪くお困りならぜひ当店へお任せください!

 

それでは今回はGalaxy S9+のバッテリー交換風景を解説いたします。

 

 

Galaxy S9+バッテリー交換修理


【使用する工具】

ヒートガン(設定温度250度)

クラフトナイフ(平刃)

ピック

プラスネジドライバー

ヘラ

 

分解前にまずは電源を切ります。

 

電源ボタンを長押しすると…

画面が切り替わるので一番上の「電源OFF」を押します。

 

Galaxyで画面ロックを設定されている方はロックパスコードを入力しないと電源を切れません。

 

電源を切れたら作業開始です!

 

 

①背面パネルを剥がす


まずは背面パネルを剥がす作業です。

 

Galaxy S9+の場合、側面は曲がっているので非常に開けにくいです。

下部や上部など、曲がっていない箇所から分解します。

 

Galaxy S9+の背面パネルはガラス製です。

 

非常に強力に接着されているので、無理に剥がそうとすると簡単に割れます。

 

分解にヒートガンは必須と言えます。

温風を当てて粘着を弱くし…

クラフトナイフを挿します。

 

こうすることで背面パネルと本体フレームの間に隙間が出来るので…

ピックを挟みます。

 

クラフトを抜いて…

挟んだピックから少し離れた箇所に温風を当てます。

 

粘着が弱くなったら…

その部分までピックを進める、という作業を繰り返します。

 

ある程度粘着を剥がすことで…

このように徐々に背面パネルを持ち上げることが出来ます。

側面の強力な粘着も同じように切ることで…

背面パネルを剥がすことが出来ました。

これで内部のネジやパーツを取り出すことが出来ます。

 

 

②指紋認証ケーブルを取り出す


次に、指紋認証ケーブルを取り出す作業です。

 

ケーブルが基板に接続されているので…

コネクタ部分にヘラを引っ掛けます。

 

そのまま上に持ち上げることで…

コネクタを外せました。

 

コネクタを外すと…

このように取り出すことが出来ました。

 

 

③プラスチックパーツを取り出す


Galaxy S9+は基板がプラスチックパーツに覆われています。

 

プラスチックパーツは…

複数のネジで固定されています。

ネジの形状はプラスです。

全てのネジを外します。

 

Galaxy S9+の場合、プラスチックパーツを固定しているネジの長さは同じなので、バラバラになっても問題ありません。

 

ネジを全て外せたら…

プラスチックパーツを持ち上げます。

上部はツメで固定されているので少し外しにくいです。

 

ヘラなどを使ってツメを外し…

この通り、取り出すことが出来ました。

 

 

④バッテリーを取り出す


プラスチックパーツを外すと基板とバッテリーがむき出しになります。

バッテリーは赤丸部分で基板に接続されています。

ヘラを使ってコネクタを外します。

 

バッテリーコネクタを付けた状態でバッテリーを取り出そうとすると、異常な電力が基板に流れてしまう恐れがあります。

 

すると基板が故障する可能性が高いので、必ずコネクタを外してからバッテリーを取り出す作業を行います。

バッテリー下部にヘラを入れて…

持ち上げて粘着を切ります。

 

粘着を切ることで…

バッテリーを取り出すことが出来ます。

 

指で持ち上げて…

この通り、本体からバッテリーを取り出すことが出来ました。

 

Galaxy S9+のバッテリー容量は…

3500mAhです。

 

当店のような修理店では純正のバッテリーは扱えませんが、同じ3500mAhでPSEマークがついたバッテリーへと交換させて頂きます。

 

 

⑤新品のバッテリーへと交換する


新品のバッテリーを本体に取り付ける前に…

本体フレームに残った粘着を除去します。

元々のバッテリーには表面に絶縁テープが貼ってあります。

 

このようにシールは剥がして新品のバッテリーへと移植します。

新品のバッテリーにはこのようにほぼフィルムが貼ってあることが多いです。

フィルムを剥がして本体にセットします。

 

 

 

バッテリーが入っていた位置に合わせて…

このようにセットします。

コネクタの位置を合わせて…

接続します。

 

新品のバッテリーが正常かどうか、起動させて確認します。

 

電源ボタンを長押しすると…

この通り、しっかりと起動しました!

 

ホーム画面まで進んで操作してみるも異常はありません。

 

ここまで確認して…

しっかりとバッテリーを本体フレームに接着します。

 

 

⑥本体を組み上げる


後は本体を組み上げるだけです。

 

まずは基板を覆っていたプラスチックパーツを…

この通り取り付けます。

 

正しい位置に合わせたら…

ネジで固定します。

 

全てのネジを留めたら…

指紋認証ケーブルの位置を合わせて…

接続します。

後は背面パネルを接着したら本体の組み上げ完了です!

組み上げ後も電源ボタンを長押しして起動させます。

これでGalaxy S9+のバッテリー交換作業完了です!

 

充電ケーブルを接続して…

しっかりと充電されていることも確認します。

 

残量が増えていれば問題ありません。

 

このように、Galaxy S9+内部のバッテリーを新品交換することが出来ます。

 

充電持ちが悪くなったら機種変更、というのでは非常に勿体ないです。

 

当店なら、Galaxy S9+のバッテリーを1万円以内で新品に交換できます。

 

バッテリー膨張や電源が入らなくなった、という場合でもぜひ当店へご相談くださいませ!

 

 

関連記事はこちら

Galaxyバッテリー交換料金表

 

Galaxy Gear S3 frontierのバッテリー交換!電池の寿命ですぐ充電切れになる症状が改善!

 

Galaxy A30が充電できない/充電が遅い!?充電口交換修理でデータ消さずに症状改善!

修理のご依頼はこちら!

スマホ・タブレット・ガラケーなど様々な端末を安く早く安全に修正いたします!