WORKS

修理実績

これまでに行った修理についてご紹介します。

NW-F807/NW-F806/NW-F805のバッテリー交換料金等解説!電源が入らない症状も郵送修理ポストリペアならデータそのまま改善!

NW-F805/NW-F806/NW-F8057のバッテリー交換修理について

ウォークマンNW-F800シリーズのバッテリー交換ご依頼を頂きましたので、

修理料金や所要期間について解説いたします。

 


1.NW-F800シリーズについて


モデル番号:NW-F805 / NW-F806 / NW-F807

 

発売日:2012年10月20日

 

画面の大きさ:3.5インチ

 

 


2.修理料金について


郵送修理ポストリペアではNW-F800シリーズのバッテリー交換修理料金を8,778円(税込)で承っております。(2024年1月26日現在)

 

ただ修理費用はパーツ代などによって変動します

 

最新の修理料金は以下の料金表をご確認ください。

 

ウォークマン修理料金表

 

バッテリー交換により以下の症状の改善が望めます。

・電池持ちが悪い

・充電残量が残っているのに電源が落ちる

・フル充電にならない

・電源が入らない

 

 


3.修理日数の目安


NW-F807/NW-F806/NW-F805のバッテリー交換修理の際、お預かりする平均的な日数は1~3日といったところです。

 

お急ぎの場合は、こちらで受け取ったその日に修理を終えて返送まで可能です。

 

基本的には受け取った順番に修理対応しておりますので、お急ぎの場合は事前にお知らせ頂ければと思います。

 

返却は基本的にレターパックプラスにて行っております。

 

レターパックプラスは速達扱いなので、大体の地域には発送した翌日か翌々日に届くようです。

 

ただ、NW-F807/NW-F806/NW-F805にはバッテリーが含まれているので航空便ではなく陸送や船便になります。

 

沖縄や離島の場合はもう少し余分に日数がかかるようです。

 

 


4.修理時の注意点


NW-F807/NW-F806/NW-F805のバッテリー交換にははんだ作業が必須です。

 

はんだ小手がバッテリーの接点の周辺にあるiCチップに触れてしまうと、

様々な不具合が発生する可能性がございます。

 

もし当店での作業の不手際にてiCチップ破損など起こった場合、

故障箇所に関しては無料で修理させて頂きます。

 

ただ郵送修理ポストリペアではNW-F800シリーズに限っても、

数多くの修理実績がございます。

 

上記のような例はございませんのでどうかご安心頂ければと思います。

 

 


5.ご依頼/ご相談について


NW-F807/NW-F806/NW-F805のバッテリー交換修理ご依頼頂ける場合、
またはご相談は以下からお問合せください。

 

お問い合わせはこちら

 

NW-F807/NW-F806/NW-F805の修理に関すること以外にも、
発送方法等、何でも構いませんのでお気軽にご連絡ください。

 

お返事は土日祝日問わず24時間以内に行います。

 

お問い合わせ頂いてから24時間お返事が来ない場合は、

当方からの連絡が迷惑メールフォルダに入ってしまっている可能性もあります。

 

その際はお手数ですが別のアドレスからお問合せ頂くか、

042-851-8317にお電話頂ければ幸いです。

 

特に3大キャリア(docomo/au/Softbank)のアドレスは弾かれやすいようです。

 

 


6.修理風景の紹介


それでは実際の修理風景をご紹介いたします。

 

今回お送り頂いたのはNW-F805でして、

充電器を挿しても電源が入らない状態でした。

電源が入らないウォークマン NW-F805

すでにパソコンに音楽データはないらしく、この本体内にしか保存されていないそうです。

 

お気に入りの数百曲をどうしても消したくない!ということで今回当店へご相談頂きました。

 

このように電源が入らなくなってしまう原因の多くは「バッテリーの劣化」です。

 

郵送修理ポストリペアならありとあらゆるウォークマンの電池交換実績があり、今でも多くのバッテリーを常備しております。

 

バッテリーを常備しているので、短期間でお手元にお返しすることが出来ます。

背面上部の隠しネジを外したウォークマン NW-F805

NW-F805の場合、まずは背面上部のプラスチックパーツを剥がし、隠しネジを外します。

 

本体下部のプラスネジ2本も外すことで、背面パネルを剥がすことが出来ます!

背面パネルを剥がしたウォークマン NW-F805

必要なネジを全て外し、この通り背面パネルを剥がします。

 

すると基板とバッテリーを確認することが出来ます。

 

NW-F805のバッテリーは接点3ヶ所で本体基板に接続されています。

 

はんだ小手を使って電バッテリーを本体から取り出します。

劣化したバッテリーを本体から取り出したウォークマン NW-F805

このように劣化したバッテリーを取り出したら、ついていた配線の色の通り新品の電池パックを接続します。

 

電源が入るか確認してみると・・・

バッテリー新品交換後のウォークマン NW-F805

この通り、無事電源が入って操作出来るように改善しました!

 

音楽データ含め、その他のアプリのデータなども全てそのまま残った状態でお返しすることが出来ました!

 

郵送修理ポストリペアなら10年以上前に発売されたようなウォークマンでも数多くの修理実績がございます。

 

今回のような電源が入らない状態でも、

バッテリーを新品に交換することで復旧する例は数えきれないほどございます。

 

バッテリー劣化や、それ以外の故障でお困りの際も、

ぜひ修理実績豊富な郵送修理ポストリペアへご相談くださいませ!

 

 

関連記事はこちら

ウォークマンが充電できない故障が充電口修理でデータ消さずに改善!

 

ウォークマンのイヤホンジャックがゆるい!?すぐに抜ける状態も修理可能!

 

WALKMAN NW-A105を洗濯した!水濡れで電源が入らない状態も洗浄+バッテリー交換で復活!

  • ウォークマン(WALKMAN)修理 2024年01月26日

修理のご依頼はこちら!

スマホ・タブレット・ガラケーなど様々な端末を安く早く安全に修正いたします!