WORKS

修理実績

これまでに行った修理についてご紹介します。

WALKMAN NW-S636F/NW-S638F/NW-S639Fの電池交換料金6980円と安い!電源がすぐ落ちる症状が安価で改善!【郵送専門修理店】

WALKMAN NW-S636F/NW-S638F/NW-S639F電池交換

NW-S636Fの電池が劣化がかなり進行し、充電器から抜くとものの10分程度で電源が落ちると修理のご依頼を頂きました!

電池は消耗品なので、このように短時間で充電が無くなるは仕方のないことです。

郵送修理ポストリペアでは今まで千台を超えるWALKMANの電池交換実績がございますので、今回のような電池劣化でお困りならぜひご相談ください!

NW-S630Fシリーズなら、修理料金6,980円で電池を新品に交換出来ます!

背面パネルのネジを外しているWALKMAN NW-S636F

まずは背面パネルを剥がします。

背面はプラスネジ2本で本体に固定されています。

どちらのネジも外すと・・・

背面パネルを剥がしたWALKMAN NW-S636F

このように背面パネルを剥がすことが出来ます!

本体内は半分以上電池が占めています。

10年くらい前の機種はこのように電池が占める割合が大きく、無駄な機能が付いていないので充電持ちが非常に良いです。

バッテリーを固定した絶縁テープを剥がしたWALKMAN NW-S636F

電池パックのコネクタを止めた絶縁テープを剥がします。

交換後もキレイに貼りなおすので失くさないように注意が必要です。

基板上のプラスチックパーツを外したWALKMAN NW-S636F

基板を覆ったプラスチックパーツを外します。

後は電池パックのコネクタを外せば・・・

劣化した電池パックを剥がしたWALKMAN NW-S636F

この通り、劣化した電池パックを本体から剥がすことが出来ます。

古い機種だと電池パックのコネクタが劣化して壊れやすいなっているので、コネクタを外す作業に神経を使います…。

電池パック新品交換後のWALKMAN NW-S636F

後は新品の電池パックを本体に接続し、元通りに組み上げて作業完了です!

無事電源が入って操作出来るようになっています。

本体内の音楽データも全てそのまま残っており、電池交換作業によって消える心配もありません。

 

郵送修理ポストリペアなら10年以上前のWALKMANでも難なく電池パック交換を承れますので、お困りの際はぜひお越しくださいませ!

 

 

              関連記事はこちら

【WALKMANを洗濯】水濡れ修理料金4980円と安い!水没復旧作業で音楽データを消さずに改善成功!

ウォークマンの液晶画面交換修理も受付可能!SONYでは対応終了した機種でもお任せください![郵送専門WALKMAN修理店]

ウォークマンの充電部分の修理も出来ます!充電・蓄電出来ない症状が音楽データそのままで改善![配送専門WALKMAN修理店]

  • ウォークマン(WALKMAN) 2020年04月23日

修理のご依頼はこちら!

スマホ・タブレット・ガラケーなど様々な端末を安く早く安全に修正いたします!