WORKS

修理実績

これまでに行った修理についてご紹介します。

VANKYOのタブレット修理!MatrixPad S30の画面交換でタッチ切れが改善!

VANKYO MatrixPad S30の画面交換修理

VANKYO製タブレットの修理のご相談を頂く機会が増えました。

 

そのほとんどが「ガラスが割れてしまった」という内容です。

 

VANKYOタブレットは機種によってはガラスが割れてしまうとタッチ操作を受け付けません。

 

今回ご依頼頂いた機種はMatrixPad S30でした。

ガラスが割れたVANKYO MatrixPad S30

御覧の通り、表面ガラスが割れてしまっています。

 

電源を切ろうと…

画面のタッチ操作が出来ないVANKYO MatrixPad S30

画面をタッチしても一切反応しませんでした。

 

液晶表示に問題はなくとも、このように操作ができないとデータ移行も出来ません。

 

そこで今回はMatrixPad S30の画面交換修理作業を写真付きで紹介させて頂きます!

 

 

VANKYO MatrixPad S30画面交換修理


【使用する工具】

クラフトナイフ(平刃)

ピンセット

プラスネジドライバー

 

MatrixPad S30は背面パネルに本体部分がはまっている構造になっています。

 

本体側面にはSIMカードが入っているのですが、このままではフレームを外すことが出来ません。

SIMトレイを引き抜いているVANKYO MatrixPad S30

SIMピンを使ってSIMトレイを引き抜きます。

 

SIMピンを挿すと少し出てくるので、そのまま引っ張ると…

SIMトレイを引き抜いたVANKYO MatrixPad S30

この通りSIMピンを外すことが出来ました。

 

それでは分解開始です!

 

 

①背面パネルを剥がす


本体部分を背面パネルから取り出す作業ですが、当店ではクラフトナイフを使っています。

 

背面パネルと本体フレームの間に…

クラフトナイフをフレームに挿したVANKYO MatrixPad S30

クラフトナイフを挿します。

 

本体部分と背面パネルはツメで強力に固定されています。

 

クラフトナイフを使って…

画面のツメを外しているVANKYO MatrixPad S30

本体部分を固定したツメを外します。

 

本体部分のツメを一周分外すことで…

本体部分を持ち上げたVANKYO MatrixPad S30

このように持ち上げることが出来ます。

 

ツメがかかったまま無理やり持ち上げると背面パネルが変形するので注意が必要です。

 

ツメを綺麗に取れたら…

背面パネルを剥がしたVANKYO MatrixPad S30

このように背面パネルを剥がすことが出来ます。

 

背面パネルには失くしやすいパーツが付いています

電源ボタンは紛失注意すべきVANKYO MatrixPad S30

それがこの電源ボタンです。

 

背面パネルに固定されていないので、失くさないよう固定しておきます。

 

 

②ケーブル類を外す


背面パネルを剥がすことで…

VANKYO MatrixPad S30の本体内部

本体内部が露になりました。

 

本体右側に基板、中央にバッテリー、下部にスピーカー、といった構造です。

 

やはり格安タブレットというだけあって見た目がかなりチープです。

 

基板を取り出したいので、基板に接続されたケーブルを外していきます!

絶縁シールを剥がしたVANKYO MatrixPad S30

まずはバッテリーコネクタからです。

 

黒い大きな絶縁テープを剥がします。

バッテリーコネクタを引き抜いたVANKYO MatrixPad S30

バッテリーコネクタはこのケーブルです。

 

固定されているわけではないので、ケーブルを引っ張って引き抜きます。

バッテリーコネクタを引き抜いて絶縁できたVANKYO MatrixPad S30

ケーブルを引き抜くことで絶縁することが出来ました。

 

これで作業中に基板がショートしてしまう心配はありません。

コネクタを固定したVANKYO MatrixPad S30内部の絶縁テープ

上部にも同じような絶縁テープがあります。

 

3か所全ての絶縁テープを剥がします。

VANKYO MatrixPad S30の基板に接続されたケーブル

絶縁テープを剥がすとケーブルが出てきます。

VANKYO MatrixPad S30はツメによってコネクタを固定している

このタイプのコネクタはツメを倒すことでケーブルを固定しています。

コネクタのツメを起こしたVANKYO MatrixPad S30

ヘラやピンセットを使ってツメを起こします。

 

これでケーブルの固定が解かれました。

ケーブルを引き抜いたVANKYO MatrixPad S30

後はケーブルを引き抜くだけです。

VANKYO MatrixPad S30本体内部のケーブル

上部にも同じ構造のコネクタが付いています。

 

同じようにツメを起こして…

ケーブルを引き抜いたVANKYO MatrixPad S30

ケーブルを引き抜きます。

 

このケーブルの少し上に集音マイクがあります。

マイクを取り出したVANKYO MatrixPad S30

フレームにはまっているだけなので軽く持ち上げておきます。

 

集音マイクの少し右側に…

VANKYO MatrixPad S30のアンテナ

アンテナが付いています。

 

アンテナもただはまっているだけなので持ち上げることで…

アンテナを引き抜いたVANKYO MatrixPad S30

この通り外すことが出来ました。

 

ちなみに、アンテナ部分は力ずくで抜くと基板が根こそぎ取れてしまうことがあります。

 

また、ケーブルがとても細いので、ケーブル部分を引っ張ると断線する恐れがあります。

 

根元の金具部分をピンセットで持ち上げるのが安全な外し方です。

 

これで基板上部のコネクタは全て外せました。

 

基板下部に移ります。

VANKYO MatrixPad S30の本体内部のケーブル

基板下部にも先ほどと同じ構造のコネクタがありました。

 

このケーブルはSIMトレイ基板から延びています。

 

ツメを上げて…

ケーブルを引き抜いたVANKYO MatrixPad S30

このように引き抜きました。

 

SIMトレイケーブルの右側にも同じ構造のコネクタがあります。

VANKYO MatrixPad S30の基板に接続されたケーブル

ここが今回問題のガラス(タッチパネル)のケーブルです。

 

固定しているツメを起こして…

ケーブルを引き抜いたVANKYO MatrixPad S30

引き抜きます。

 

これで基板に接続されている全てのケーブルを外すことが出来ました。

VANKYO MatrixPad S30のスピーカー

基板にはスピーカーケーブルも接続されています。

 

ただ、基板にははんだ付けされているので、スピーカーごと持ち上げた方が楽です。

 

スピーカーは本体右側に1個、そして…

VANKYO MatrixPad S30のもう片方のスピーカー

左側にもう1個付いています。

 

それぞれプラスネジ2本ずつで固定されているので…

スピーカーを固定したネジを外そうとしているVANKYO MatrixPad S30

全てのネジを外します。

 

スピーカーケーブルは本体フレームに絶縁テープで固定されています。

絶縁テープを剥がしているVANKYO MatrixPad S30

絶縁テープを剥がすことで…

スピーカーを本体から取り出したVANKYO MatrixPad S30

この通りスピーカーを取り出すことが出来ました。

 

基板は上下2本のプラスネジで本体に固定されています。

基板を固定したネジを外しているVANKYO MatrixPad S30

どちらのネジも外して…

基板を固定したシールを剥がしたVANKYO MatrixPad S30

最後に粘着テープを剥がします。

 

これで基板を固定しているものは無くなったので…

本体フレームから基板を取り出したVANKYO MatrixPad S30

この通り取り出すことが出来ます。

 

基板を持ち上げる際はケーブルが引っかかっていないか注意が必要です。

 

 

③画面を交換する


取り出した基板を新しい画面パーツへと移植します。

新しい画面パーツに基板をセットしたVANKYO MatrixPad S30

新しい画面パーツへと基板をセットします。

基板にケーブル類を接続したVANKYO MatrixPad S30

外した全てのケーブルを基板に接続します。

 

この際、基板のショートを防ぐため、バッテリーコネクタは最後に接続します。

 

全てのケーブルを基板に接続出来たら電源ボタンを長押しして電源を入れます。

起動確認を行っているVANKYO MatrixPad S30

起動してホーム画面まで進みます。

 

先ほどは画面に触れても一切反応しませんでしたが、修理はどうでしょうか。

タッチ操作できるよう改善したVANKYO MatrixPad S30

この通り、無事タッチ操作が出来るよう改善しています!

 

タッチのズレもなく、正常に操作することが出来ます。

 

ここまで確認出来たら本体を組み上げます。

背面パネルに本体を付けたVANKYO MatrixPad S30

本体部分を背面パネルに取り付けてツメで固定します。

 

場所によっては本体部分と背面パネルのツメが付きにくい箇所があります。

 

本体部分にツメがはまると「パチン」という感覚があります。

 

背面パネルを付けられたら…

背面パネルと本体との間に隙間が無いか確認しているVANKYO MatrixPad S30

1周確認して本体部分が浮いていないか確認します。

 

綺麗にはまっているようです。

SIMカードを挿入しているVANKYO MatrixPad S30

最後にSIMトレイを入れて修理完了です!

 

これで全てのデータがそのままで、今まで通りこのMatrixPad S30をお使い頂くことが出来ます!

 

今回修理させて頂いたのはMatrixPad S30でしたが、他のVANKYOのタブレットも非常に幅広く承れます。

 

ガラス割れや液晶破損など、お困りの際はいつでも郵送修理ポストリペアへご相談くださいませ!

 

 

 

関連記事はこちら

NEC LAVIETab Eのバッテリー交換で電池持ちが改善!すぐ充電が減る方必見!

 

LenovoTab M8液晶画面修理!真っ暗で表示されない状態もデータ消さずに修理完了!

 

華為製タブレットのバッテリー交換が7800円~と安い!郵送修理ポストリペアなら受付機種多数!

修理のご依頼はこちら!

スマホ・タブレット・ガラケーなど様々な端末を安く早く安全に修正いたします!