WORKS

修理実績

これまでに行った修理についてご紹介します。

iPad mini 第6世代の充電口交換修理!充電出来ない症状が改善!

iPad mini 第6世代の充電口交換修理方法

iPod mini 第6世代の充電部分の修理ご依頼を頂きました。

 

iPad充電口交換料金表

 

充電器を挿そうとするも…

充電器が挿さらなくなっているiPad mini 第6世代

途中で止まってしまいます。

 

充電口の内部を確認してみると…

本体内部のピンが折れてしまっているiPad mini 第6世代

この通り、ピンが折れてしまっていました。

 

このまま無理に充電器を挿すと、発火など重大な事故に繋がります。

 

では早速分解して修理に取り掛かります。

 

iPad mini 第6世代も従来のiPadと同じように、画面を剥がして分解します。

画面に温風を当てているiPad mini 第6世代

分解の際にはヒートガンは必須と言えます。

 

画面に温風を当てて粘着を弱めて…

画面と本体フレームとの粘着を切っているiPad mini 第6世代

クラフトナイフやピックを使って粘着を切ります。

 

画面一周分の粘着を切ることで…

画面パーツを本体フレームから剥がしたiPad mini 第6世代

この通り画面を剥がすことが出来ます。

 

iPad mini 第6世代の画面パーツはまだまだ高額なので割ってしまうと一大事です。

 

なのでまだまだ修理を受けているお店はそう多くありません。

本体内部のネジを外しているiPad mini 第6世代

画面を剥がしたら本体内部の銀板のネジを外します。

画面パーツコネクタを固定した銀板を取り出したiPad mini 第6世代

銀板を取り出したら…

画面パーツを本体から取り出したiPad mini 第6世代

作業しやすいように画面パーツを取り出します。

充電口パーツコネクタを基板から外したiPad mini 第6世代

iPad mini 第6世代の充電口パーツのコネクタは矢印部分です。

 

ヘラを使ってコネクタを外し…

充電口パーツを本体から取り出したiPad mini 第6世代

この通りパーツを取り出します。

 

充電口パーツの先端を確認してみると…

ピンが折れてしまっているiPad mini 第6世代の充電口パーツ

この通り、大事な接点が折れ曲がっています。

 

このような症状はパーツ交換さえすれば改善させられます。

充電口パーツを基板に接続したiPad mini 第6世代

新品の充電口パーツへと交換して基板に接続します。

画面パーツコネクタを基板に接続したiPad mini 第6世代

画面パーツコネクタも接続して…

充電確認を行っているiPad mini 第6世代

充電確認を行います。

 

充電器がしっかりと奥まで挿さって、充電反応も出るようになりました。

しっかりと充電が溜まるよう改善したiPad mini 第6世代

しっかりと充電残量も溜まっています。

 

ここまで確認したら本体を組み上げます。

画面パーツコネクタを固定する銀板をネジ留めしているiPad mini 第6世代

内部のパーツを元通りにしてネジ留めして画面パーツをしっかりと接着します。

充電口交換修理が完了したiPad mini 第6世代

これでiPad mini 第6世代の充電口パーツ交換修理完了です!

 

故障したパーツのみの交換なので、内部データが消えてしまうことはありません。

 

今回ご紹介させて頂いた通り、郵送修理ポストリペアなら最新機種の修理も幅広く対応可能です。

 

iPadが充電出来ない以外にも、各種ボタンや本体フレームの歪みなど、お困りならぜひお問い合わせくださいませ!

 

 

関連記事はこちら

iPad充電口交換料金表

 

iPad mini(第6世代)の電源ボタンが陥没してリンゴループに!データそのまま修理可能です!

 

iPad mini(第6世代)のカメラレンズとバックカメラ交換修理!ピントが合わない症状がデータ消さずに改善!

修理のご依頼はこちら!

スマホ・タブレット・ガラケーなど様々な端末を安く早く安全に修正いたします!