WORKS

修理実績

これまでに行った修理についてご紹介します。

【ウォークマン洗濯】水浸しになったNW-S315が洗浄作業料金4980円で復活!音楽データもそのまま!

ウォークマンNW-S315を洗濯してしまった!

ウォークマンの水濡れ修理のご依頼を頂くことが多いのですが、中でも多いご相談が「ウォークマンを洗濯してしまった」という内容です!

今回も洗濯物を干すときに気付かれたそうですが、ズボンのポケットにウォークマンを入れたまま洗濯してしまったそうです。。

この例が非常に多いのでどうかお気を付けください!

分解中のウォークマンNW-S315

まずは背面のネジを外して分解していきます。

表面の文字盤を外し、隠しネジも外します。

基板洗浄中のウォークマンNW-S315

この緑の部分がメイン基板です。

ウォークマンを洗濯してしまっても本体内部が水浸し・・・ということはあまりありません。

防水なのか?と思うほどです。

ひとまず腐食部分のクリーニングと、超音波洗浄を行います。

その後は1時間ほど乾燥させ、本体に組み上げてみると・・・

基板洗浄と乾燥で電源が入るようになったウォークマンNW-S315

基板洗浄だけで無事電源が入るように改善しました!

一部反応しないボタンがありましたが、操作には大きな支障はありません。

これで今まで通り音楽を聴くことが出来ます!

 

配送修理ポストリペアでは全国から様々な症状のウォークマンの修理ご依頼を頂いております。

ウォークマンの水濡れや故障でお困りの際はぜひ配送修理ポストリペアへご相談ください!

  • ウォークマン(WALKMAN) 2020年03月06日

修理のご依頼はこちら!

スマホ・タブレット・ガラケーなど様々な端末を安く早く安全に修正いたします!