WORKS

修理実績

これまでに行った修理についてご紹介します。

Nintendo Switch liteが水没して電源が入らない!徹底分解して基板を洗浄&乾燥させデータそのままで無事復旧成功!作業費用は5980円と安い!

先日発売されたばかりのSwitch liteを早くも水没させてしまって、電源が入らなくなり充電しても無反応ということで修理ご依頼を頂きました!

郵送修理ポストリペアならSwitch liteの修理も受付出来ます!

水没して電源が入らないSwitch lite

それではさっそく分解していきます。

ネジを外して外装を外したSwitch lite

ネジを外してこのように外装を剥がします。

アルミプレートw外したSwitch lite

次に基板を覆っているアルミプレートを剥がします。

バッテリーやファンやソフトトレイなど、小さくキレイに収まっていますね。

パーツを取り外して基板を取り出す直前のSwitch lite

基板の上に載っているパーツを全て取り出します。

基板を取り出したSwitch lite

するとこのようにメイン基板が取れました!

基板が腐食しているSwitch lite

ジョイコンあたりから水分が入ってしまったそうですが、この通り基板が腐食しています。

目に見える腐食を取り除き、その後超音波洗浄を行います。

従来のジョイコンと現在のジョイコンを比較したSwitch lite

余談ですが、ジョイコンは従来通りのように見えます…。

キャラクターが勝手に動く「ドリフト現象」は改善されていないという噂は本当なのでしょうか…。

ただ、これならいつでも修理は出来ますね。

基板洗浄後の綺麗になったSwitch lite

基板洗浄して腐食部分がほぼなくなりました!

後は組み上げて動作を確認してみます!

充電器を挿すと反応した基板洗浄後のSwitch lite

組み上げて充電ケーブルを挿してみると反応があります!

そのまま充電を続けてみると・・・

基板洗浄で電源が入るようになったSwitch lite

この通り、無事電源が入って操作出来るようになりました!

水没される前のデータは全て保存されていて残っていました!

文字入力の動作確認途中のSwitch lite

ボタンの入力確認を行ってみましたが、全て問題なく動作しています。

ジョイコンのスティック動作確認途中のSwitch lite

続いてジョイコンのスティック動作を確認しています。

表面上の腐食はありましたが、なんら問題なく動作しているようです。

誤動作することなく、動きも正常でした!

 

今回ご紹介させて頂いたように、郵送修理ポストリペアではすでにSwitch liteの修理を承ることが出来ます!

お持ちのSwitch liteの故障や今回のような水没でお困りの方はぜひ当店へご連絡ください!

修理のご依頼はこちら!

スマホ・タブレット・ガラケーなど様々な端末を安く早く安全に修正いたします!