WORKS

修理実績

これまでに行った修理についてご紹介します。

iPodTouch第6世代のバッテリーを修理料金5980円で新品に交換!画面が浮いてホームボタンが陥没している症状もついでに無償修理![郵送格安修理店]

iPodTouch第6世代のバッテリーの膨張により画面が内部から押し上げられて浮いてしまって、ホームボタンが沈んで非常に押しにくくなっているということで修理依頼を頂きました。

これは本当によくある現象で、膨張したバッテリーさえ交換すればホームボタンに関しても改善させることが出来ます。

郵送修理ポストリペアではバッテリー交換のついでに、追加料金を頂かずにホームボタンまで画面側に固定するサービスを行っております。

ipodtouch第6世代を分解中

まずは画面下部の接着を弱めて、画面全体の本体にかかっている爪を外します。

画面を開いたipodtouch第6世代

するとこのように画面を浮かせることが出来ます。

画面下のプレートを剥がしたipodtouch第6世代

画面下には銀のプレートがあるのですが、ネジを全て外してプレートを外します。

バッテリーがむき出しになったipodtouch第6世代

するとバッテリーを確認することが出来ます。

バッテリーと基板ははんだで止まっているので、まずはコネクタを隠している絶縁テープを剥がします。

バッテリーコネクタを覆った絶縁テープを剥がしたipodtouch第6世代

絶縁テープは2層になっているのでどちらもキレイに剥がします。

バッテリーコネクタを剥がしたipodtouch第6世代

はんだ小手を使ってバッテリーコネクタを本体から剥がします。

次に本体からバッテリーを剥がします。

バッテリー固定シールを剥がしているipodtouch第6世代

本体下にバッテリーシールが見えているのでこのように引っ張ります。

切れないように全て引っ張れば、楽にキレイにバッテリーを剥がすことが出来ます!

古いバッテリーを剥がしたipodtouch第6世代

無事キレイにバッテリーを剥がすことが出来ました!

後は新品のバッテリーを本体に固定し、組み上げて作業終了です。

内蔵バッテリー交換作業後のipodtouch第6世代

充電持ちが向上したので、これで本体を買い替える必要もなくなりました。

修理価格は5,980円と全国でもトップクラスに安い料金でこの作業を承っております!

充電持ちが悪くお困りでしたらぜひ修理依頼フォームより郵送修理ポストリペアへご連絡ください!

月間アーカイブ

2020年

2017年

修理のご依頼はこちら!

スマホ・タブレット・ガラケーなど様々な端末を安く早く安全に修正いたします!