WORKS

修理実績

これまでに行った修理についてご紹介します。

【iPod nano 第7世代電池交換】修理料金5980円と格安!放電が異常に早くなった症状が安価で改善!

iPod nano 第7世代電池交換修理

iPod nano 第7世代の電池パックが劣化してしまい、短時間で放電しきって充電がなくなってしまうと修理のご相談を頂きました。

iPodもスマホやタブレットと同様に電池パックは劣化するので、定期的な交換作業が必要です。

郵送修理ポストリペアならiPod nano 第7世代の電池パックを5,980円と安価で交換することができます!

背面のプラスチックパーツを剥がしたiPod nano 第7世代

iPod nano 第7世代を分解するにはまず背面のプラスチックパーツを剥がします。

無理に剥がすとつける際に浮くようになってしまうので、慎重に剥がさないといけません。

ガラスを剥がしたiPod nano 第7世代

次に画面を浮かせます。

ヒートガンで画面に熱を加えて粘着を弱め、画面下部を浮かせます。

液晶とタッチセンサーのコネクタがあるので画面を持ち上げすぎないように要注意です!

画面を持ち上げたiPod nano 第7世代

コネクタを外したら画面を大きく持ち上げます。

iPod nano 第7世代のバッテリーははんだで基板に固定されています。

はんだ小手を使ってはんだを剥がします。

画面を本体から外したiPod nano 第7世代

バッテリーのコネクタが取れました!

画面裏からバッテリーを剥がします。

バッテリーを取り出したiPod nano 第7世代

このように古いバッテリーを剥がせたら、新品のバッテリーへ交換します。

新品のバッテリーへ交換できたら、本体を元通りくみ上げて動作確認を行います。

バッテリー新品交換後のiPod nano 第7世代

充電のたまり具合も減り具合も問題ありません。

これでまたこのiPod nano 第7世代を快適にお使いいただけます!

 

郵送修理ポストリペアならiPodのバッテリー交換を非常に幅広く承っております。

新しい機種から100年以上前の機種まで、ぜひ郵送修理ポストリペアへお任せください!

 

 

関連記事はこちら

【iPod Touch 第4世代バッテリー交換】修理料金が5980円!電源が入らない症状がデータそのままで復活!

iPod ClassicのHDDをSSDに変更!修理費用は32GB/64GBなら8800円で128GBなら12800円と安い!異音が鳴ってリンゴマークから進まない症状が改善!

iPod touch6のバッテリーがパンパンに膨らんでハマグリ化!ホームボタンが取れてしまっていて修理料金5980円で全て元通り!

修理のご依頼はこちら!

スマホ・タブレット・ガラケーなど様々な端末を安く早く安全に修正いたします!