WORKS

修理実績

これまでに行った修理についてご紹介します。

iPod nano7の電源が入らなくなり充電ケーブルを接続するとリンゴループに!修理価格5980円のバッテリー交換修理で改善!

充電持ちが徐々に悪くなってしまい、ついには電源が入らなくなってしまって、今では充電ケーブルに繋いでもリンゴマークが出るだけでホーム画面にすら進まなくなってしまったiPod nano7の修理依頼を頂きました。

リンゴループして電源が入らないiPod nano7

リンゴマークが出て消えての繰り返しです。

リンゴループになる原因は多く考えられますが、バッテリーの劣化で起こることが多いです。

分解してバッテリー交換修理途中のiPod nano7

そこで分解し、内臓バッテリーを交換を試してみました。

すると・・・

内蔵バッテリー交換修後の電源が入るようになったiPod nano7

無事電源が入って操作出来るよう改善しました!

 

郵送修理ポストリペアならiPod nano7の内蔵バッテリー交換を、修理費用5,980円と安価で承っています!

お持ちのiPod nano7の不具合でお困りの際はぜひご連絡ください!

修理のご依頼はこちら!

スマホ・タブレット・ガラケーなど様々な端末を安く早く安全に修正いたします!