WORKS

修理実績

これまでに行った修理についてご紹介します。

【iPod nano第5世代バッテリー交換】修理料金8000円で充電持ちが向上し使用時間増!

iPod nano第5世代バッテリー新品交換

長年使用することによって充電持ちが悪くなり、満充電しても1時間も持たずに電池切れになるとのことでiPod nano第5世代のバッテリー交換修理ご依頼を頂きました!

いまではほとんどの修理店が受付終了してしまっているiPod nano第5世代ですが、配送修理ポストリペアなら今でも新品のバッテリーを常備していて、交換作業を承ることが出来ます!

作業難易度は非常に高く、はんだ作業も必要なのでご自分で交換に挑戦するのはお勧めできません。

iPod nano第5世代バッテリー交換手順①

クリックホイールを外したiPod nano第5世代

分解するには本体上下のカバーを外し、隠しネジを外します。

このようにクリックホイールを外すのも、慣れないと相当相当な作業です。

iPod nano第5世代バッテリー交換手順②

ガラスを剥がしたiPod nano第5世代

液晶をカバーしているガラスも剥がさないといけないのですが、ガラスを剥がすにもヒートガンなど専用の器具が必要です。

さらにフレームから本体を取り出すのですが、強く接着されているので粘着はがしが必要だったりと、とにかく必要な工具や工程が多いです。

iPod nano第5世代バッテリー交換手順③

フレームから本体を取り出したiPod nano第5世代

本体を取り出せれば、難関ははんだ作業くらいでしょうか。

液晶の裏にバッテリーが固定されているので、はんだ小手を使って本体から剥がします。

iPod nano第5世代バッテリー交換手順④

劣化したバッテリーを取り出したiPod nano第5世代

長年使用して劣化し切った古いバッテリーを取り出し、新品のバッテリーへ交換します。

新品のバッテリーをはんだ付けして動作確認を行い、問題ないようならそのまま本体を組み上げます。

iPod nano第5世代バッテリー交換手順⑤

バッテリー新品交換後のiPod nano第5世代

これで無事バッテリー交換作業完了です!

バッテリーを新品に交換することで長時間使用できるようになりました!

 

iPod nano第5世代はこの小ささでカメラも付いているので、今でも根強い人気を誇っています。

バッテリー劣化により短時間で充電が無くなってしまって困っている、という方はぜひ配送修理ポストリペアへご相談ください!

 

 

              関連記事はこちら

iPod Classic(80GB)の劣化してすぐ充電切れになる症状も内蔵バッテリー交換で改善!修理代は4980円と安い!

iPod Classic(160GB最終型)の電池パック交換修理が4980円で出来ます!充電切れ・電源が入らない・充電出来ない症状でお困りなら郵送修理ポストリペアへ!

iPodnano7のバッテリー交換が5980円と安い!郵送で全国どこからでも修理受付ております![iPod格安修理店]

修理のご依頼はこちら!

スマホ・タブレット・ガラケーなど様々な端末を安く早く安全に修正いたします!