WORKS

修理実績

これまでに行った修理についてご紹介します。

iPod nano第7世代がリンゴループ!?充電ケーブルを挿すとアップルマークが出て消えての繰り返しで電源が入らない!バッテリー交換修理価格5980円で改善!

iPod nano第7世代の充電持ちが徐々に悪くなってしまって、ついには電源が入らなくなってしまったと修理ご依頼を頂きました。

充電ケーブルを挿すと・・・

充電ケーブルを挿すとリンゴループするiPod nano第7世代

一応リンゴマークは出るものの、出て消えては繰り返しのリンゴループしてしまいます。

この症状はバッテリー劣化でよく起こります。

分解してバッテリーを取り出す前のiPod nano第7世代

そこでこのように分解し、内臓バッテリーを取り出します。

iPod nano第7世代はバッテリーがはんだ付けされているので交換難易度が高いです。

それに分解する際に画面のケーブルを断線させてしまう恐れもあります。

当店の熟練スタッフの手にかかれば20分ほどで交換作業が完了します!

バッテリー仮付けで電源が入ったiPod nano第7世代

バッテリーを仮付けしてみるとこの通り電源が入りました!

操作自体も全く問題なさそうです!

このまま交換作業を進めます。

バッテリー交換でリンゴループが改善したiPod nano第7世代

バッテリー交換で無事ホーム画面まで進んで使用出来るようになりました!

 

今回のようにリンゴループがバッテリー交換で改善する例は多いです。

郵送修理ポストリペアならiPod nano第7世代のバッテリーを5,980円で交換出来ます!

お困りの方はぜひ格安修理のポストリペアへご相談ください!

修理のご依頼はこちら!

スマホ・タブレット・ガラケーなど様々な端末を安く早く安全に修正いたします!