WORKS

修理実績

これまでに行った修理についてご紹介します。

iPad mini4の電源ボタンが陥没!修理方法を写真付きで分かりやすく解説![自己修理]

こんにちは、iPadやiPhoneやiPodなど、主にアップル社製品の修理を承っている、郵送修理ポストリペアです!

 

今回はよくご依頼頂く、iPadの電源ボタンの修理方法を写真付きで注意点を踏まえてできるだけ分かりやすく解説していきます!

 

今回は、電源ボタンが陥没してしまってボタンが押されっぱなしになっている、という症状です。

1.電源ボタンが陥没してしまってボタンが押されっぱなしになっているiPad mini4

この画面のオンオフや電源のオンオフに使う電源ボタンなのですが・・・

2.電源ボタンが陥没してしまってボタンが押されっぱなしになっているiPad mini4

通常はもっと出っ張っているのですが、陥没してしまって押した感触が全くありません。

フレームと面一の状態になっています。

この原因が・・・

3.電源ボタンが陥没してしまってボタンが押されっぱなしになっているiPad mini4

電源ボタンの周りのアルミフレームの変形・歪みです。

電源ボタンの周りのフレームが変形してしまってボタンが戻ってこない状態なのですが、電源ボタンが押されっぱなしの状態で電源を切ってしまったら、起動時のリンゴマークから進まなくなります。

通称”リンゴループ“という症状です。

これは電源ボタンケーブルは断線していない症状なので、今回ご紹介する修理方法でほぼ確実に改善します。

 

と言っても、iPadの分解はiPhoneと比べて遥かに難易度が高いです。

というのも、本体と画面はネジではなく強力な粘着でくっついています。

その粘着を剥がすのにヒートガンを使って温めながら作業するのですが、少し温めが足りないだけでガラスは簡単に割れてしまいます。

ですので、自己修理を試みる方は心して作業を進めてください!

今回作業工程を詳しく解説していきますが、ご自身での修理・分解は自己責任でお願いします。

1.画面の縁を温める ※注意箇所①

1.作業工程を解説

割れにくいのは長辺側の真ん中あたりなので、赤線部分を温めます。

液晶部分に熱風が当たりすぎると液晶が熱で変色するので、できる限り画面の縁部分にだけ熱風を当てるようにしてください。

2.フレームとガラスの間にピックを差し込む

2.作業工程を解説

温まったらまずは彫刻刀などで隙間を作り、その隙間に薄いピックを差し込みます。

3.画面を温めながらピックで粘着を剥がす ※注意箇所②

3.作業工程を解説

赤丸の部分が要注意箇所です!

角の部分は非常に割れやすいので、十分に温めてからピックを進めていってください。

①〜④の順番で温めながら粘着を剥がします。

深くピックを入れすぎると液晶やケーブルを傷つける危険性があるので、ピックを入れる深さは3mm程度にします。

4.ホームボタンの辺を軸に画面を開く

4.作業工程を解説

画面を開ければあともう少しです!

5.銀のプレートを剥がす

5.作業工程を解説

ネジ4箇所で止まっています。

黒いシールの下にネジが隠れているので全て外します。

6.カメラを外す

6.作業工程を解説

粘着でくっついているだけなので、ヘラなどでテコの原理を使って外します。

7.電源ボタンケーブルを外す

7.作業工程を解説

あとはネジ2箇所を外せば電源ボタンケーブルを外せます!

電源ボタンケーブルは本体に粘着しているので、ケーブルを切らないように身長に取り外してください!

シール剥がしなどがあれば簡単に剥がすことができます。

8.電源ボタンを内側へ押す

8.作業工程を解説

矢印の方向から電源ボタンを押すと・・・

9.作業工程を解説

このように電源ボタンを取り外せます!

9.電源ボタン周りのフレームを矯正する

10.作業工程を解説

電源ボタンがはまっているこの楕円形の枠が歪んでしまっているから電源ボタンがつっかえてしまって、戻ってこない状態になっています。

ですので、この楕円形の枠を広げれば症状は改善します。

11.作業工程を解説

このような精密機器用の研磨ドリルなどを使えば簡単に矯正ができます。

ぐるぐると電源ボタンの穴をドリルで広げ、形を整えます。

12.作業工程を解説

電源ボタンを穴にはめ込んでみて、このように通常通りでっぱっていたらOKです!

試しに電源ボタンケーブルを元に戻してみると・・・

13.作業工程を解説

このようにしっかりと反応するようになりました!

あとは元にあった通りにパーツも戻して組み上げるだけです!

 

いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介させて頂いた方法で、Pad全種修理どころかiPhoneの電源ボタンまでする事ができます。

先日は最新のiPad Pro 12.9インチ 第2世代の電源ボタン陥没修理も全く同じ方法で修理させて頂きました。

 

ただ、御察しの通り、iPadの修理は非常に難易度が高く、慣れていないとほぼ確実に開けている最中にガラスや液晶が割れます。

しかも今回交換させていただいたiPadmini4やPro系全般は、ガラスと液晶が一体のパーツになっているので非常に高額です。

ガラスを割ってしまえば、修理費用は跳ね上がります!

 

ぜひ、iPadの電源ボタンやバッテリーなどの不具合でお困りの方は修理ご依頼フォームより郵送修理ポストリペアへお任せください!

今回のような電源ボタンの修理なら、機種によっても変わってはきますが、5,000円〜承っています。

それでは、皆様からのお問い合わせ心よりお待ちしております。

月間アーカイブ

2017年

修理のご依頼はこちら!

スマホ・タブレット・ガラケーなど様々な端末を安く早く安全に修正いたします!