WORKS

修理実績

これまでに行った修理についてご紹介します。

【HTC J butterfly(HTV31)バッテリー交換】修理料金6980円と安い!郵送で全国どこにお住まいでお安価で作業承れます!

HTC J butterfly(HTV31)バッテリー交換修理が安い!

HTC J butterfly(HTV31)の充電が短時間で放電し切ってしまって電源が切れてしまうと修理ご依頼を頂きました。

HTC社のスマートフォンを修理しているお店は全国的に少ないので、北は北海道南は沖縄まで、今まで数多くの郵送修理ご依頼を頂いてきました。

修理実績は豊富にございますのでぜひ郵送修理ポストリペアへお任せください!

分解開始したHTC J butterfly(HTV31)

HTC J butterfly(HTV31)を分解するにはまず表面のプラスチックパーツを剥がさないといけません。

この部分に特殊ネジが隠されています。

画面上下どちらも剥がせますので、薄いヘラなどを使ってキレイに剥がします。

ネジを外せたらフレームから本体を浮かせます。

フレームから本体を取り出したHTC J butterfly(HTV31)

画面と本体の間にヘラを入れて少しずつ隙間を作ります。

ここで要注意なのが、HTC J butterfly(HTV31)は本体内のアンテナが非常に切れやすくなっています。

分解した時にはすでに断線してる、という可能性が非常に高いのでただ普通に開けてはいけません。

隙間からアンテナの位置を変えながら慎重に慎重に作業を進めます。

バックパネルを外したHTC J butterfly(HTV31)

するとこの通り、無事背面パネルを剥がすことが出来ました!

非常に繊細さ機種なので、慣れていない方は分解しないことをお勧めします。

後はバッテリーを剥がします。

バッテリーを本体から取り出したHTC J butterfly(HTV31)

バッテリーは本体に接着されているだけなので、ここでもヘラを使ってバッテリーを浮かせます。

新品のバッテリーを本体に接着し、元通り背面パネルを付け直します。

アンテナも元通り収納しないと背面パネルが浮きますのでここでも注意が必要です。

バッテリー新品交換後のHTC J butterfly(HTV31)

バッテリーを新品に交換し、本体を組み上げて作業完了です!

これで充電持ちが改善したのでまだまだ長期間お使い頂けます!

 

今お使いのスマートフォンやタブレットが気に入っていて買い替えたくないけど充電持ちが悪くて困っている、という方は多いかと思います。

郵送修理ポストリペアでは様々な種類の精密機器のバッテリー交換を承ることが出来ますので、お困りの際はぜひ当店へご相談くださいませ!

 

 

              関連記事はこちら

HTC HTL23のバッテリー交換修理価格が6480円と安い!電池膨張で電源が入らなくなる前にぜひ郵送修理ポストリペアへご相談ください!

HTC U11の液晶画面交換修理価格が15800円と安い!安価な料金でガラス割れ+何も表示されない症状がデータそのままで改善![郵送専門修理店]

HTC J butterfly(HTL21)の劣化した内蔵バッテリー交換修理価格が6480円と安い!充電持ちが良くなり使用可能時間が大幅に延びました!

修理のご依頼はこちら!

スマホ・タブレット・ガラケーなど様々な端末を安く早く安全に修正いたします!