WORKS

修理実績

これまでに行った修理についてご紹介します。

AQUOS sense(SHV40)の液晶画面修理価格が19800円!データそのままで返却!保証に使う修理明細書なども無料で発行出来ます![郵送専門スマホ修理店]

AQUOS sense(SHV40)を地面に落として液晶画面が割れてしまったと修理のご依頼を頂きました!

画面全体がガラスが割れてしまっていました。

液晶画面が割れたAQUOS sense(SHV40)

郵送修理ポストリペアなら本体内部のデータを一切消すことなくAQUOS sense(SHV40)の画面パーツだけを交換することが出来ます。

例え液晶が破損して操作が全く出来ない状態でもご安心ください!

SIMカードと取り出したAQUOS sense(SHV40)

分解前にまずはSIMトレイを取り出します。

AQUOS sense(SHV40)はSIMピンが必要ない親切な設計です。

背面パネルを浮かせたAQUOS sense(SHV40)

背面パネルに本体がはめ込まれているような構造なので、まずは隙間にへらを入れて本体を浮かせます。

背面パネルから本体を取り出したAQUOS sense(SHV40)

するとこのように本体を取り出すことが出来ます!

無理にへらを押しこむとフレームが傷つくので注意が必要です。

防水シールを剥がしているAQUOS sense(SHV40)

本体内部の防水シールを剥がします。

再利用するので破らないようにキレイに剥がします。

防水シールをバッテリー部分まで剥がしたAQUOS sense(SHV40)

下までキレイにシールを剥がしたらネジが数カ所出てきます。

本体上部のプラスチックパーツを止めたネジ4箇所を外したAQUOS sense(SHV40)

上部のプラスチックパーツを止めているネジ4箇所を外します。

本体上部のプラスチックパーツを剥がしたAQUOS sense(SHV40)

これでプラスチックパーツを剥がすことが出来ます!

バッテリーコネクタを抜いたAQUOS sense(SHV40)

基板自体は特にネジで止まっていません。

カメラやバッテリーなどのコネクタを全て外します。

バッテリーシールを剥がしたAQUOS sense(SHV40)

バッテリーを取り出すのでバッテリーを覆っている青いシールを剥がします。

本体からバッテリーを取り出したAQUOS sense(SHV40)

バッテリーを剥がすと下にケーブルが2本あります。

ケーブルを抜いて後は基板を取り外すだけのAQUOS sense(SHV40)

そのケーブルも外します。

これで基板を外すことが出来ます!

本体基板を取り出そうとしているAQUOS sense(SHV40)

基板は右側の爪で固定されているので、このように傾ければ取り出しやすいです。

基板とバッテリーを取り出したAQUOS sense(SHV40)

これで基板もバッテリーも本体から取り出せました!

後はこれらを別の画面パーツへ移植したら作業完了です!

液晶画面交換修理後のAQUOS sense(SHV40)

無事キレイになってAQUOS sense(SHV40)が復活しました!

ガラスの割れもなくなり、タッチ操作も全く問題ありません!

 

今回ご依頼頂いたお客様は「スマート保証」という保証サービスを使用されるとのことでした。

必要な修理証明書や領収書はもちろん無料で発行できます。

故障でお困りの際は、ぜひ修理ご依頼フォームより郵送修理ポストリペアへご相談ください!

月間アーカイブ

2020年

2017年

修理のご依頼はこちら!

スマホ・タブレット・ガラケーなど様々な端末を安く早く安全に修正いたします!