WORKS

修理実績

これまでに行った修理についてご紹介します。

法人用スマホ702SH(AQUOS sense basic)の液晶画面割れを修理料金15800円で交換と安い!ガラスが欠けて無くっていても新品同様に直せます!

法人用のスマートフォン702SH(AQUOS sense basic)の液晶画面が割れてしまったと、10台同時に修理のご依頼を頂きました。

その中でも特にひどい割れ方をしていたのがこちら!

液晶画面が割れてガラスが剥がれたAQUOS sense basic(702SH)

本体下部ののガラスが無くなってしまっており、本体内が見えてしまっています。

さらに液晶画面には何も表示されない状態になってしまっていました。

郵送修理ポストリペアならこんなにもボロボロになってしまっている702SH(AQUOS sense basic)の修理も難なく承ることが出来ます!

SIMトレイを取り出したAQUOS sense basic(702SH)

まずは本体からSIMトレイを取り出します。

背面パネルを剥がしたAQUOS sense basic(702SH)

そして本体と背面パネルの隙間に薄いヘラを挿しこみ、このように背面パネルを剥がします。

防水カバーを剥がしているAQUOS sense basic(702SH)

防水シートが張ってあるので破らないように慎重に剥がします。

バッテリーまで防水カバーを剥がしたAQUOS sense basic(702SH)

防水シートを剥がすとネジが4箇所ありますので全て外します。

ネジを4本取り出したAQUOS sense basic(702SH)

するとプラスチックパーツを剥がすことが出来ます!

プラスチックパーツを剥がしたAQUOS sense basic(702SH)

次にバッテリーを覆っている青いシートを剥がし、バッテリーを取り出します。

バッテリーを取り出したAQUOS sense basic(702SH)

そして液晶画面、充電ソケット、イヤホンジャック、アンテナなどを全て外し、フロントカメラのカバーを剥がします。

コネクタを外してフロントカメラカバーも外したAQUOS sense basic(702SH)

これで基盤を浮かせることが出来ます!

基盤を浮かせたAQUOS sense basic(702SH)

基板は本体に爪で固定されているので取り外す際に注意が必要です。

基盤を本体から取り出したAQUOS sense basic(702SH)

基盤も取り出せたら、後は別の画面パーツへ基盤とバッテリーを載せ替えて組み上げれば作業終了です。

液晶画面交換修理後のAQUOS sense basic(702SH)

この通り、無事画面交換修理作業が完了しました!

液晶も表示されるようになったので、これでデータが一切消えることなくこの702SH(AQUOS sense basic)を再び使用できるようになりました!

 

今回のお客様のように複数台の修理ご依頼を頂いても数日間で修理を終えてお返し出来ます。

今回は10台お送り頂いて、中2日で返却させて頂きました。

お持ちの702SH(AQUOS sense basic)の故障でお困りの際はぜひ修理依頼フォームより郵送修理ポストリペアへご連絡ください!

月間アーカイブ

2020年

2017年

修理のご依頼はこちら!

スマホ・タブレット・ガラケーなど様々な端末を安く早く安全に修正いたします!