WORKS

修理実績

これまでに行った修理についてご紹介します。

初代iPadのバッテリー交換修理料金が12800円!一晩充電しても電源が入らない症状がデータ消さずに復旧成功![配送専門修理店]

初代iPadの電源が入らなくなってしまったということで修理ご依頼を頂きました!

今ではほとんど修理を受けているお店のない初代iPadですが、配送修理ポストリペアなら難なく承ることが出来ます!

どれだけ充電しても電源が入らない初代iPad

充電器を挿すとバッテリーマークはでるのですが、一晩充電していても全く電源が入らないそうです。

これはバッテリーが劣化し過ぎてしまっていて蓄電出来ない状態です。

バッテリー交換で改善する可能性が非常に高いので、お困りならぜひ配送修理ポストリペアへお任せください!

初代iPadを分解するには本体と画面を固定したツメを剥がしていきます。

薄いヘラなどを使って作業を行います。

フレームから本体を浮かせた初代iPad

このように徐々に画面全体のツメを剥がして浮かしていきます。

ツメはとても固いのでなかなか大変な作業です。

本体フレームから画面パーツを取り出した初代iPad

画面を受けせられたら画面上部にあるケーブルを確認出来ます。

画面を持ち上げすぎるとケーブルが断線するので要注意です!

初代iPadの液晶のコネクタ

このように繋がったケーブルを・・・

液晶画面のコネクタを取り外した初代iPad

こうやって1本1本外します。

フロントカメラと液晶画面のコネクタを外し・・・

初代iPadのタッチパネルのコネクタ

最後にタッチセンサーのコネクタも外します。

タッチパネルのコネクタを外した初代iPad

これで3箇所全てのコネクタが外せました!

液晶画面パーツを本体から取り出した初代iPad

本体から液晶画面を取り出せました!

本体内には無数のネジとコネクタが付いているので外していきます。

充電口コネクタと本体を接続したケーブルを外した初代iPad

まずは基板を止めたトルクスネジ3本を外します。

すると充電部分に接続されているケーブルを外すことが出来ます。

基板脇のケーブルを外した初代iPad

その他の箇所のネジやコネクタを外して・・・

バッテリーを剥がしている初代iPad

基板を浮かせてバッテリーを剥がす作業に取り掛かります。

バッテリーは本体フレームにとても強力に接着されています。

粘着剥がしを使って根気よく剥がしていきます!

内蔵バッテリーを本体から取り出した初代iPad

この通り、何とか無事キレイにバッテリーを剥がすことが出来ました!

後はバッテリーを交換し、本体を元通りに組み上げます!

内蔵バッテリー交換修理後の初代iPad

無事電源が入るようになり、データを一切消すことなく使用できるように復活しました!

動作にも問題なく、充電も溜まっています!

 

配送修理ポストリペアなら初代iPadのバッテリー以外の修理も承ることが出来ます。

故障・損傷でお困りの際はぜひ当店へご相談ください!

月間アーカイブ

2020年

2017年

修理のご依頼はこちら!

スマホ・タブレット・ガラケーなど様々な端末を安く早く安全に修正いたします!