WORKS

修理実績

これまでに行った修理についてご紹介します。

充電が無くなったiPod nano第7世代に充電器を挿すとリンゴループになって電源が入らない!バッテリー交換費用5980円で症状改善!

当店ではiPodの修理ご依頼を非常に多く頂いています。

その中でもいま最もご依頼頂い機会が多いのがiPod nano第7世代です。

今回は充電の減りが異常に早くなって、ついには電源が入らなくなってしまったiPod nano第7世代の修理ご依頼を頂きました!

充電器を挿すとリンゴマークは出るiPod nano第7世代

このように、充電器を挿すとリンゴマークは出てきます。

しかしホーム画面に進むことなくずーとリンゴマークがループしてしまって電源が入りません。

それに充電器を抜くとすぐに画面も消えてしまいます。

これはバッテリー劣化でよく起こる症状です。

そこでバッテリーを交換してみると・・・

バッテリー交換でリンゴループが改善したiPod nano第7世代

この通り、無事電源が入るようになりました!

これで今まで通りお使い頂けるようになりました!

 

郵送修理ポストリペアではiPod nano第7世代のバッテリー交換修理を5,980円と非常に安価で承っています。

お持ちのiPod nano第7世代のバッテリー劣化でお困りならぜひ当店へご相談ください!

修理のご依頼はこちら!

スマホ・タブレット・ガラケーなど様々な端末を安く早く安全に修正いたします!