WORKS

修理実績

これまでに行った修理についてご紹介します。

リンゴマークから進まなくなったiPod classic 第5世代が修理価格6980円で復活!充電持ちもついでに改善!

iPod classic 第5世代の電源を入れようとしても起動時のリンゴマークは出るもののそこから先に進まなくなってしまったと修理ご依頼を頂きました。

バッテリーが劣化するとこのような症状が度々起こります。

郵送修理ポストリペアならiPod classic 第5世代のような古い機種でも難なく修理出来ます!

バッテリーが劣化してリンゴマークから進まないiPod classic 第5世代

まずは背面パネルと本体の間にへらを入れて、このように背面パネルから本体を取り出します。

背面パネルを外したiPod classic 第5世代

爪で数カ所固定されているので、その爪を変形させないように注意が必要です。

バッテリーケーブルを抜く前のiPod classic 第5世代

HDDの下に付いているのがバッテリーのコネクタです。

このコネクタを抜きます。

背面パネルを外したiPod classic 第5世代

するとこのように開くことが出来ます!

後は粘着はがしを使ってバッテリーを慎重に本体から剥がします。

本体からバッテリーを取り出したiPod classic 第5世代

この通り、キレイにバッテリーを剥がせました!

バッテリー交換でリンゴループが改善したiPod classic 第5世代

そしてバッテリーを新品に交換すると、無事リンゴマークから先に進むようになり、無事使用できる状態になりました!

内部に保存されていた音楽データも消えずに全て残っていたそうです!

 

郵送修理ポストリペアならiPodも幅広く修理を承っておりますので、今回のような起動不可などの症状でお困りの際もぜひご相談ください!

月間アーカイブ

2020年

2017年

修理のご依頼はこちら!

スマホ・タブレット・ガラケーなど様々な端末を安く早く安全に修正いたします!