WORKS

修理実績

これまでに行った修理についてご紹介します。

ウォークマン NW-A35が勝手に再起動を繰り返す!電源ボタンが故障の原因で修理価格12800円で症状改善!

ウォークマン NW-A35が勝手に再起動してしまって使用出来ない、ということで修理依頼を頂きました。

動作確認をしてみると、ホーム画面まで進むものの少し使用していると突然電源が落ちて再起動してしまう、という状態でした。

はじめは基盤の故障かと思いましたが、検査を進めると電源ボタンが押されっぱなしになっているということが分かりました。

郵送修理ポストリペアならウォークマン NW-A35の電源ボタンの修理も承れます!

本体上部のプラスチックパーツを剥がしたWALKMAN NW-A45

まずは本体上部のプラスチックパーツを剥がします。

背面パネルを剥がしているWALKMAN NW-A45

そして背面パネルを剥がします。

背面などのプラスチックパーツを全て外したWALKMAN NW-A45

このように外装を剥がせたら銀のプレートを剥がします。

銀のプレートの上のケーブルコネクタを取っているWALKMAN NW-A45

その前にNFCのようなチップのコネクタを抜いて・・・

銀のプレートのネジを外しているWALKMAN NW-A45

本体下部のネジを2本外します。

本体上部のネジを外しているWALKMAN NW-A45

本体上部のネジも外します。

これで銀のプレートを剥がすことが出来ます。

電源ボタンケーブルのコネクタを外しているWALKMAN NW-A45

後は電源ボタンケーブルのコネクタを抜いて・・・

イヤホンジャックケーブルを外しているWALKMAN NW-A45

イヤホンジャックのケーブルコネクタを抜けば・・・

本体フレームから基板を取り出したWALKMAN NW-A45

この通り基盤を本体フレームから取り出すことが出来ます。

この基盤ごと別の画面フレームへ載せ替えることで電源ボタンを使用出来るようになります!

電源が入るようになったWALKMAN NW-A45

この作業で再起動する症状が改善し、電源ボタンを使って画面や電源のオンオフが出来るようになりました!

 

郵送修理ポストリペアでは今回のように、ウォークマンのバッテリーだけでなくその他のパーツ交換修理も非常に幅広く承っております。

故障でお困りの際はぜひ修理依頼フォームより当店へご相談ください!

  • ウォークマン(WALKMAN)修理 2019年12月19日

月間アーカイブ

2020年

2017年

修理のご依頼はこちら!

スマホ・タブレット・ガラケーなど様々な端末を安く早く安全に修正いたします!