WORKS

修理実績

これまでに行った修理についてご紹介します。

ウォークマンが水没!修理料金4980円の基盤洗浄のみで使用できるように復活!洗濯してしまっても復活した例は多数あります!

ウォークマンが水没して電源が入らない!というご相談は毎日のように頂きます。

郵送修理ポストリペアでは、ウォークマンをバラバラに分解して基盤洗浄をしたり、内臓バッテリーや液晶画面を交換するなどして今まで多くの水没ウォークマンを復旧させてきました!

今回はそのほんの一例をご紹介させて頂きます!

今回お送り頂いたのはこちら!

分解前のウォークマンNW-S14

ウォークマンNW-S14です。

ウォークマンは凄く小さいので、ポケットに入れたまま洗濯してしまった!という方も多いです。

そんな時もぜひ郵送修理ポストリペアへお任せください。

水没して電源が入らないウォークマンNW-S14

本体後ろのネジを2本外すとこのように全面パネルを剥がすことが出来ます。

全面パネルを剥がしたウォークマンNW-S14

全面パネルを剥がしたら本体上部のネジも外します。

背面パネルを剥がしたウォークマンNW-S14

これで背面パネルも剥がしてこのように分解することが出来ます。

ケーブルを抜くなど分解中のウォークマンNW-S14

イヤホンジャックや液晶画面など、ケーブル類のコネクタを全て外します。

バッテリーのはんだも剥がしたウォークマンNW-S14

バッテリーコネクタもはんだを使って外さないといけません。

基盤の上部を外したウォークマンNW-S14

まずはメイン基盤を外します。

基盤が2段構造になっているウォークマンNW-S14

ウォークマンNW-S14の場合は基盤が2層構造になっているので2層目の基盤も剥がします。

2つの基盤を外したウォークマンNW-S14

この2つの基盤を洗浄・乾燥します!

まずは目に見える汚れを洗浄液でクリーニングして、その後超音波洗浄機で徹底的に洗浄します!

そしてアルコールに付けて水気を飛ばし、2時間ほど放置して乾燥させます。

充分に乾燥させたら組み上げて動作確認を行います。

すると・・・

基盤洗浄して電源が入ったウォークマンNW-S14

このように電源が入りました!

各種ボタンも問題なく、イヤホンから音も流れます。

電源が入って使用できるようになったウォークマンNW-S14

全て問題ないことを確認したら本体を組み上げて作業完了です!

本体内部の音楽データも全て残っている状態でした!

 

今回ご紹介させて頂いたように、水没して電源が入らなくなってしまったウォークマンも基盤を洗浄するだけで改善する例は非常に多いです。

実はウォークマンはスマホやタブレットより水没復旧率が高いんです!

なので水没してしまっても諦めず、ぜひ修理ご依頼フォームより郵送修理ポストリペアへご相談くださいませ!

  • ウォークマン(WALKMAN)修理 2019年12月13日

月間アーカイブ

2020年

2017年

修理のご依頼はこちら!

スマホ・タブレット・ガラケーなど様々な端末を安く早く安全に修正いたします!