COLUMN

お役立ち情報

マメ知識や分解方法、お知らせ等の情報を随時発信しています!

【Switch 突然死】文鎮化/ブルースクリーン/エラーコードが基板修理価格12800円で復旧率86%!


Switchの基板故障


Switchの電源が急に入らなくなったりフリーズしてしまった、

という経験をされたことはございませんでしょうか?

 

この症状は電源ボタン12秒間長押しの「強制再起動」で改善することが多いです。

 

 

それで直れば良いのですが、実はSwitchはフランスの消費者向け雑誌で

「壊れやすい家電製品ランキング」で1位を獲得してしまうほど故障が多いんです!

 

 

パーツ交換修理で改善する症状ならいいですが、表題にある通り…

 

・文鎮化(突然電源が入らなくなる)

・ブルースクリーン(画面が真っ青になる)

・エラーコード(電源は入るもののエラーメッセージが出てくる)

 

これらの症状はパーツ交換では改善しないことがほとんどです。

 

パーツ交換で改善しないということは、基板が故障してしまっているということです。

 

Switchの基板修理までできるお店は全国でも極々一部の修理店です。

 

なので修理依頼が集中しやすく、中には修理受付終了してしまっているお店もあるくらいです。

 

今はそれほどSwitchの基板修理ご依頼を多く頂きます。

 

基板の故障は防げれば良いですが、原因ははっきりと分かっていません。

 

なので今回は、内部データを全て残したまま基板修理に成功した事例をご紹介いたします!


文鎮化(突然死)


文字通り、Nintendo Switchが突然入らなくなってしまう現象です。

 

バッテリーや液晶など、パーツを交換しても全く改善せず無反応…ということが多いです。

 

何かの重しとして使えないという意味で”文鎮化”と表現されています。

 

また、例えバッテリー交換で電源が入ったとしても、充電の減り方が異常に早かったり、

充電されている表示にはなるものの充電が増えない、という症状も過去に数件ございました。

 

この症状は比較的修理しやすい部類です。

 

突然死に限っては復旧率は94%を超えています。

 

ただ、突然死だと思って分解してみると水浸しだった…という事例もあります。

 

お話を伺うとNintendo Switchをお風呂場で使用していた、という方も多いです。

 

例え水に浸けなくても強い湿気で水没してしまうことはあります。

 

Nintendo Switchに限らずですが、精密機器を湿気の強い場所で使用するのはお控えくださいませ。

 

【Switch基板修理/データ復旧】水濡れで完全に電源が入らなくなった状態から復旧成功![配送専門ゲーム機修理店]


画面が真っ青(ブルースクリーン)


次に、最も依頼数が多いブルースクリーンです。

 

 

その名の通り、画面全体が真っ青になっていまいます。

 

パソコンやスマホでもよく見られる症状で、一般的には”絶望的な症状”として認知されています。

 

すでに100件以上の修理実績がございますので、大体どの箇所が故障しているか断定できます。

 

巷では基板の一部の故障で起こる、とされてるようですが、実際はもっと複雑です。

 

例えば以外のツイート内容ですが…

要は、電気が通る道が無くなっていて電気信号がうまく伝わらない、という状態です。

 

当店ではこのツイート内容にあるパターン修正まで行うことが出来るのですが、これで改善しないこともあります。

 

正直、ここまでやって直らないのか…という思いです…。

 

その場合は基板が物理的に壊れてしまっているのではなく、システムエラーの可能性もあります。

 

システムエラーとなると基板の修理とは全く別の技術となるとで当店でもお手上げです。

 

ブルースクリーンの復旧率は約88%です。

 

Switchの画面が真っ青に!ブルースクリーンも修理料金12800円と安い!データそのまま残した状態で復旧成功!

 

【Switch Liteブルースクリーン】修理料金12800円でデータそのまま復活!画面が真っ青になる原因はほぼ確実に基板です!


エラーコード


最後はエラーコードです。

 

Switchには様々なエラーコードがあり、基板の破損やシステムエラーにより

画面上に添付画像のような表示が出てくることがあります。

 

エラーコードに関してはコードを読み取ってどの箇所かある程度特定できます。

 

ただ、今のところ依頼数がそこまで多い内容ではないので情報がまだまだ足りません。

 

任天堂さんでももちろん修理はできますが、データは初期化されるようです。

恐らく、システムを入れ替えているか基板を交換しているのかと思われます。

 

任天堂さんの方が金額は安いですが、データを失いたくない!という方が多いかと思います。

 

当店のエラーコード修理なら当然データを残したままお返しすることが出来ます。

 

エラーコードの復旧率は約79%です。

 

ブルースクリーンと同様に、基板の物理的な破損ではなくシステムエラーなら直せないことが多いです。

 

また、基板修理ではなくパーツ交換で改善する例もございます。

 

お伝えしている修理費用より高くなる場合はお客様にご相談してどこまで進めるか決めて頂きます。

 

Nintendo Switchのエラーコード2107-0445が修理代12800円でデータ消さずに復活!【郵送専門ゲーム機修理店】

 

 


最後に(注意点)


以上がNintendo Switchの基板修理実績です。

 

新型コロナの影響で、今はNintendo Switchが品薄になっています。

 

なかなか買えなくて困っている方が多いと思いますが、基板修理に関して1点ご注意がございます。

 

基板修理で直ったからといっていつまで使用できるか分からないということです。

 

人の体と同じで、直ったとしてもまた再発する可能性はあります。

 

もちろん、本体の状態によってその可能性は上下します。

 

修理して数年使えるかもしれませんし、はたまた数日後にはまた使えなくなるかもしれません。

 

これは当店だからということではなく、基板修理をしているお店はどこも同じです。

 

ですので、他店で修理されるにしても修理前の説明をよく聞かれた方が良いかと思います。

 

基板修理に関しては上記の理由で動作保証を付けることが出来ません。

 

お受け取り頂けましたらSDカードなどに早急にバックアップを取って頂き、

いつどうなっても良いという状態で使い続けられることをお勧めします。

 

当店では毎日あらゆる種類の故障でNintendo Switchの修理ご依頼を頂きます。

 

他店でも直せなかった症状を直した事例も数多くございます。

 

もちろん、絶対直せるとは言えませんが、どうかお困りの際はご連絡いただければと思います。

 

この数年で培った知識と膨大な経験を元に、直せるように全力を尽くしますので!

 

それではご連絡お待ちしております。

  • オススメ情報(修理/時事ネタ/雑談など) 2020年08月05日

月間アーカイブ

2020年

2017年

修理のご依頼はこちら!

スマホ・タブレット・ガラケーなど様々な端末を安く早く安全に修正いたします!