COLUMN

お役立ち情報

マメ知識や分解方法、お知らせ等の情報を随時発信しています!

iPhone修理の正規店と非正規店を比較!それぞれのメリットとデメリット!

正規店の非正規店の比較-725x403

こんにちは、スマホやタブレットを郵送にて格安で修理を承っているポストリペアーです!

 

iPhone修理の正規店とは…

Apple Store / カメラのキタムラ / クイックガレージ / ビックカメラ

などが挙げられます。

その他にもau / docomo / softbankでも修理を受け付けてはいますが、正規店と非正規店とは大きく修理方法が違うので、今回はその違いを大きく3つに分けてご紹介します!

1.修理方法

正規店の場合

この修理方法が一番の違いと言っても過言ではありません。

まず正規店では、基本的に本体交換になります!

画面割れが軽微な場合や、フレームの変形が見受けられない場合などは画面交換など、パーツ交換になることもあるようなのですが、そのようにパーツ交換のみしてもらえた、という話は聞いたことがありません。

本体交換になると、壊れてしまった箇所(画面、バッテリー、カメラなど)以外の箇所も交換されるので、どれだけボロボロでも修理費用が変わることなく、一定の値段で本体が新品同様になる、というメリットはあります。

しかし、違う本体になるのでデータのバックアップは必須です。

iCloudもしくはご自宅のパソコンなどでデータのバックアップをとって、本体交換後にデータの復元を行う、というとても面倒な作業が待っています。

しかしそれはデータのバックアップが取れればまだマシで、もし液晶不良などでデータのバックアップが取れない場合は、データを諦めるしかない、というとても悲しい事になります。。

 

非正規店の場合

正規店と違って、れた箇所のみの修理が可能です。

画面が割れてしまっていたら画面だけを、バッテリーが膨張していたらバッテリーのみを交換します。

今まで使っていた本体のパーツのみを交換するので、当然ながらデータや設定などは全てそのままの状態でお返しができます。

電源が入らなくなってしまったiPhoneも、車に轢かれてしまったiPhoneも、今でほとんどパーツの交換のみで改善しています。

さらに水没してしまったiPhoneも同様で、基板洗浄やパーツ交換を行うことで復旧させることができ、復旧した場合、データは全て残っている状態です。

2.修理時間

正規店の場合

本体交換なので、同じ色、同じ容量の本体の在庫がないと入荷待ちになります。

なので最新機種や運悪くお持ちの端末と同じ条件の端末の在庫がない場合は、1週間程度新しい本体が来ない、という状況になるようです。

在庫がある場合ですと、受付待ちから本体を受け取れるまで2〜3時間のようです。

 

非正規品の場合

本体の破損部分のみを交換するだけなので、バッテリー交換などは15分程度で完了します。

一番時間がかかるのが水没復旧作業なのですが、それでも2時間程度です。

ただ、修理パーツの在庫がない場合は取り寄せに3日程度かかることはあります。

3.修理価格

正規店の場合

Apple Care+などの保証に加入しているかしていないかで修理費用は大きく変わってきます。

https://support.apple.com/ja-jp/iphone/repair/screen-damage

iPhoneの画面の修理料金

例えば、iPhone6sを修理しようとした時、もしApple Care+に加入していると、3,400円で画面交換を受けられるそうです。

しかし、保証に入っていないと一気に17,800円まで跳ね上がります。。

しかも注意書きにあるように、画面以外に損傷があった場合は値段が上がるようで、実際はいくらになるのか見てもらわないとわからないようです。

 

非正規店の場合

ほとんどの修理業者はパーツごとの料金を定めてHPに掲載しています。

http://saiyasu-syuuri.com/devices/iphone/

例として最安修理.comを参考にしてみてください。

地域や店舗によって値段は変わりますが、ほとんどの修理が1万円前後で受けられます。

 

 

いかがでしたでしょうか?

非正規店の方がメリットが多いように思いますが、保証に入っているか入っていないかによって大きく変わってきます。

それに非正規店は手作業なので、一部の機能(指紋認証、近接センサーなど)が使えなくなる可能性もあります。

 

ちなみに私のオススメは、

「Apple Care+などの保証には入らず、もし壊れたら非正規店で修理する」

ですね。

Apple Care+は割と高くて、月々600円くらいします。

さらに修理する際には最低3,400円必要なので、負担額はもっと大きくなります。

 

使うかどうかわからない保証に月々600円を払うより

壊さないように大切に使って

もし壊れたら非正規店でちゃっちゃっと直す、というのが一番損が無い

と僕は思います。

 

機種変更時に販売スタッフさんに言われるがまま保証に入ってしまう方にはぜひ参考にして頂きたいと思います。

 

それでは最後までお読みいただきましてありがとうございました。

月間アーカイブ

2017年

修理のご依頼はこちら!

スマホ・タブレット・ガラケーなど様々な端末を安く早く安全に修正いたします!