WORKS

修理実績

これまでに行った修理についてご紹介します。

iPad 第7世代のガラス交換修理料金等を解説!粉々に割れた画面が新品同様に改善!

iPad第7世代の表面ガラス交換修理

2019年発売のiPad7(モデル番号:A2197 / A2198 / A2200)の表面ガラスが粉々に割れてしまったと修理ご依頼を頂きました!

 

ガラスが割れてしまっても新品のパーツへ交換することでまだまだ使用可能になります。

 

 


1.修理料金について


郵送修理ポストリペアでのiPad第7世代のガラス交換修理料金は11,880円(税込)です。(2024年1月26日現在)

 

修理費用には消費税・パーツ代・作業代・返却時の送料が含まれています

 

ただ修理費用はパーツ代などによって変動します。

 

最新の修理費用は以下の料金表をご確認ください。

 

iPad修理料金表

 

 

表面のガラス割れのみでしたら上記の金額以上は頂きません。

 

ただ内部の液晶表示にも異常がある場合は、

液晶画面交換まで行わないと改善させられません。

 

液晶交換となると別途費用を頂いております。

 

 


2.修理日数の目安


iPad第7世代のガラス交換修理の際、お預かりする平均的な日数は1~3日といったところです。

 

お急ぎの場合は、こちらで受け取ったその日に修理を終えて返送まで可能です。

 

基本的には受け取った順番に修理対応しておりますので、お急ぎの場合は事前にお知らせ頂ければと思います。

 

返却は基本的にレターパックプラスにて行っております。

 

レターパックプラスは速達扱いなので、大体の地域には発送した翌日か翌々日に届くようです。

 

ただ、iPad第7世代にはバッテリーが含まれているので航空便ではなく船便になります。

 

沖縄や離島の場合はもう少し余分に日数がかかるようです。

 

 


3.修理時の注意点


iPad第7世代は表面ガラスと内部の液晶が別々のパーツになっています。

 

更に液晶は本体フレームに特殊な液体で強力に固定されているので、

分解に慣れていなければ液晶を損傷してしまう恐れがあります。

 

更にガラスパーツにはホームボタンケーブルが接着されています。

 

粘着剥がしなどを使わないとホームボタンケーブルを断線する恐れもあります。

 

もし万が一、作業中に液晶やホームボタンケーブルなどが損傷した場合、損傷個所は無料で修理を行います

 

ただ過去に上記のような例はありませんので、どうかご安心頂ければと思います。

 

 


4.ご依頼/ご相談について


iPad 第7世代のガラス交換修理ご依頼頂ける場合、
またはご相談は以下からお問合せください。

 

お問い合わせはこちら

 

iPad 第7世代の修理に関すること以外にも、
発送方法等、何でも構いませんのでお気軽にご連絡ください。

 

お返事は土日祝日問わず24時間以内に行います。

 

お問い合わせ頂いてから24時間お返事が来ない場合は、

当方からの連絡が迷惑メールフォルダに入ってしまっている可能性もあります。

 

その際はお手数ですが別のアドレスからお問合せ頂くか、

042-851-8317にお電話頂ければ幸いです。

 

特に3大キャリア(docomo/au/Softbank)のアドレスは弾かれやすいようです。

 

 


5.修理風景の紹介


今回お送り頂いたiPad第7世代は…

表面ガラスが粉々に割れたiPad7(2019)

この通りガラスが欠けて本体内が見えてしまうほどボロボロな状態でした。

 

郵送修理ポストリペアではiPad 第7世代の発売当初から修理受付を開始しており、

修理実績も数多くございますのでぜひお任せください!

表面ガラスを剥がしたiPad7(2019)

まずは割れてしまっている表面ガラスを剥がします。

液晶を固定したネジ4本を取ったiPad7(2019)

ガラスを剥がせたら液晶がむき出しになります。

 

液晶は4つ角がネジで固定されているので、そのネジを全て外します。

液晶画面を持ち上げたiPad7(2019)

するとこのように液晶を持ち上げることが出来ます。

 

iPad7(2019年)の液晶は4つ角が溶かした蝋のような物で固定されていて持ち上げにくくなっています。

液晶画面コネクタを固定しているプレートが見えているiPad7(2019)

液晶画面のコネクタはプレートで固定されています。

 

まずはプレートを固定しているネジ3本を外します。

液晶画面を固定したプレートを外したiPad7(2019)

プレートを外し、液晶画面のコネクタも外します。

液晶画面を取り出したiPad7(2019)

これで液晶画面を取り出すことが出来ました。

 

次にガラスを本体から取り出します。

ガラスのコネクタとホームボタンコネクタが止まっているiPad7(2019)

ガラスのコネクタが2本とホームボタンコネクタが付いています。

ガラスとホームボタンのコネクタを外したiPad7(2019)

この3本を全て外します。

 

そしてガラスに残った粘着を剥がすと・・・

本体からガラスパーツを剥がしたiPad7(2019)

このように本体からガラスを完全に剥がせました!

 

ここまで損傷が激しいと本体のフレームにはガラスの破片が多く残っています。

ガラスの破片が大量に残っているiPad7(2019)の本体上部

本体上部にはこのような感じです。

ガラスの破片が残っているiPad7(2019)の本体下部

本体下部にも同じように大量にガラスの破片が残っています。

 

これらを全てキレイに除去します!

ガラスの破片を除去したiPad7(2019)の本体上部

薄いヘラなどを使って丁寧に剥がします。

 

フレーム以外の場所を傷つけないよう注意が必要です。

ガラスの破片をキレイに除去したiPad7(2019)の本体下部

本体上部も下部も、キレイにガラスを除去できました!

 

粘着も全て新品に張り替えます。

ホームボタンが残ったままのiPad7(2019)のガラスパーツ

iPad7(2019年)はホームボタンに指紋認証が付いているので移植しないといけません。

 

ボロボロになっているガラスパーツからホームボタンを剥がします。

ホームボタンをガラスから剥がしているiPad7(2019)

粘着はがしなどを使用してこのようにケーブル側から剥がしていきます。

 

切らないように注意が必要です。

ホームボタンパーツをガラスから剥がしたiPad7(2019)

ホームボタンにも大量のガラスの破片がついていました。

 

これらも全てキレイに除去します。

ホームボタン周りの付いたガラスの破片を除去したiPad7(2019)

このようにホームボタンのガラス片も除去できたら新品のガラスパーツへ固定します。

 

そしてガラスを本体に組み上げると・・・

表面ガラス交換修理後のiPad7(2019)

この通り作業完了です!

 

まるで新品のようになりました!

 

郵送修理ポストリペアならiPad第7世代のガラスだけでなく、

内部の液晶や充電口やバッテリーなどありとあらゆる箇所の修理が可能です。

 

更には基板修理などの実績も豊富にございます。

 

iPad第7世代の故障や不調でお困りなら、

ぜひ郵送修理ポストリペアへご一報くださいませ!

 

 

関連記事はこちら

iPad第7世代イヤホンジャック修理!イヤホンの先が詰まって取れない症状が10780円で改善と安い!

 

iPad第7世代バッテリー交換費用10780円と安い!自己修理後に電源が入らなくなった症状が安価で改善!

 

iPad第7世代の充電マークがつかない!ドックコネクター交換でデータ消さずに修理完了!

修理のご依頼はこちら!

スマホ・タブレット・ガラケーなど様々な端末を安く早く安全に修正いたします!