WORKS

修理実績

これまでに行った修理についてご紹介します。

iPad第7世代の画面交換修理価格が16800円と安い!2019年型10.2インチモデル(A2197/A2198/A2200)の割れたガラスが新品同様に改善しました![郵送専門修理店]

iPad7(2019年)の表面ガラスが粉々に割れてしまったと修理ご依頼を頂きました!

表面ガラスが粉々に割れたiPad7(2019)

この通りガラスが欠けて本体内が見えてしまうほどボロボロな状態でした。

郵送修理ポストリペアなら既にiPad7(2019年)の修理受付を開始しており、修理実績もございますのでぜひお任せください!

表面ガラスを剥がしたiPad7(2019)

まずは割れてしまっている表面ガラスを剥がします。

液晶を固定したネジ4本を取ったiPad7(2019)

ガラスを剥がせたら液晶がむき出しになります。

液晶は4つ角がネジで固定されているので、そのネジを全て外します。

液晶画面を持ち上げたiPad7(2019)

するとこのように液晶を持ち上げることが出来ます。

iPad7(2019年)の液晶は4つ角が溶かした蝋のような物で固定されていて持ち上げにくくなっています。

液晶画面コネクタを固定しているプレートが見えているiPad7(2019)

液晶画面のコネクタはプレートで固定されています。

まずはプレートを固定しているネジ3本を外します。

液晶画面を固定したプレートを外したiPad7(2019)

プレートを外し、液晶画面のコネクタも外します。

液晶画面を取り出したiPad7(2019)

これで液晶画面を取り出すことが出来ました。

次にガラスを本体から取り出します。

ガラスのコネクタとホームボタンコネクタが止まっているiPad7(2019)

ガラスのコネクタが2本とホームボタンコネクタが付いています。

ガラスとホームボタンのコネクタを外したiPad7(2019)

この3本を全て外します。

そしてガラスに残った粘着を剥がすと・・・

本体からガラスパーツを剥がしたiPad7(2019)

このように本体からガラスを完全に剥がせました!

ここまで損傷が激しいと本体のフレームにはガラスの破片が多く残っています。

ガラスの破片が大量に残っているiPad7(2019)の本体上部

本体上部にはこのような感じです。

ガラスの破片が残っているiPad7(2019)の本体下部

本体下部にも同じように大量にガラスの破片が残っています。

これらを全てキレイに除去します!

ガラスの破片を除去したiPad7(2019)の本体上部

薄いヘラなどを使って丁寧に剥がします。

フレーム以外の場所を傷つけないよう注意が必要です。

ガラスの破片をキレイに除去したiPad7(2019)の本体下部

本体上部も下部も、キレイにガラスを除去できました!

粘着も全て新品に張り替えます。

ホームボタンが残ったままのiPad7(2019)のガラスパーツ

iPad7(2019年)はホームボタンに指紋認証が付いているので移植しないといけません。

ボロボロになっているガラスパーツからホームボタンを剥がします。

ホームボタンをガラスから剥がしているiPad7(2019)

粘着はがしなどを使用してこのようにケーブル側から剥がしていきます。

切らないように注意が必要です。

ホームボタンパーツをガラスから剥がしたiPad7(2019)

ホームボタンにも大量のガラスの破片がついていました。

これらも全てキレイに除去します。

ホームボタン周りの付いたガラスの破片を除去したiPad7(2019)

このようにホームボタンのガラス片も除去できたら新品のガラスパーツへ固定します。

そしてガラスを本体に組み上げると・・・

表面ガラス交換修理後のiPad7(2019)

この通り作業完了です!

まるで新品のようになりました!

 

郵送修理ポストリペアではiPad7(2019年)のガラス交換を16,800円で承っております。

まだ受け付けていない修理店が多いので、故障・損料でお困りの方はぜひ修理ご依頼フォームより郵送修理ポストリペアへご相談ください!

修理のご依頼はこちら!

スマホ・タブレット・ガラケーなど様々な端末を安く早く安全に修正いたします!